よく使うのにすぐ忘れる怒りのDockerコマンド集

1 min読了の目安(約1000字TECH技術記事

特に長いコマンドはエイリアス用意しておけばいいじゃんという話ではあるんですが
エイリアス用意したら用意したでエイリアスを忘れるし
ちょっと違う環境で作業する時とかに何もできなくなったりするので
結局メモることになっている…… 鳥頭なんだって はっきりわかんだね

コマンド やりたいこと
docker exec -it コンテナ名/コンテナID bash コンテナのbashにログイン
docker attach コンテナ名/コンテナID コンテナのbashに接続。railsでpryする時とかはこっち
docker images image の一覧を得る
docker rmi コンテナID image を削除
docker volume ls volume の一覧を得る
docker volume rm ボリューム名 volume を削除する
docker-compose up -d バックグラウンドで docker-compose で郡をコンテナ立ち上げ起動
docker-compose up -d –force-recreate 強制的に全コンテナを再作成し立ち上げ
docker-compose up -d –force-recreate コンテナ名 強制的に指定したコンテナを再作成し立ち上げ
docker-compose down up したコンテナ郡を停止しネットワークも削除
docker-compose down --rmi all --volumes up したコンテナ群を停止し image も volume も消す

docker exec -it コンテナ名 bashdocker attach コンテナ名 の違いはこの辺参照。

  • exit した時にコンテナが停止するかどうか
  • Rails のデバッグで binding.pry した時にすぐ接続できるかどうか(ここはちょっと勘違いしてるかも)
  • Docker attach と exec - Qiita