練習用プロジェクトを GitHub にupし続けたら練習が捗った

1 min読了の目安(約1500字IDEAアイデア記事

TL;DR

  • 練習用プロジェクトもGitHubに上げておくと見返すときに便利だ
  • プロジェクト設定にちゃんとメモを入れておくと一覧で何やってたか大体わかる
  • README.md に参考にしてたサイトをメモっておくことで思考の履歴が残る感じがする
    • 作ったアプリの画面も README.md に貼り付けておけばすぐ思い出せて便利
  • 肥大化しがちな使い捨てのプロジェクトも気持ちよくローカルから消せて便利
    • GitHubが吹っ飛んだ時は……諦めようw
  • だいたいこんな感じ

練習用プロジェクトもGitHubに上げておくと見返しが便利だ

今までちょっとだけチュートリアルやるか、みたいな時は
ローカルで作業して捨ちゃうことが多かったんですが
最近は全部GitHubに上げることにしまして、それが結構よかったんですよね
「あーこれ前に練習でちょっとやったけどうどうやったっけかな…… どこいったっけアレ……」で
探すときにすごく便利というか。
そこで、気をつけたポイントを以下に書きます。

プロジェクト設定にちゃんとメモを入れておくと一覧で何やってたか大体わかる

リポジトリ画面のここで設定すると

リポジトリ一覧でこういう風に見える。概要で大体わかって便利。
ローカルに残しといて Finder や ls するときはこういうのは見れなくて今までは grep したりしてました。

https://github.com/JUNKI555?tab=repositories

README.md に参考にしてたサイトをメモっておくことで思考の履歴が残る感じがする

練習プログラムやチュートリアルを自分でやってみるときって
「これはどう書くんだ?」 みたいなのは調べながらやりますよね。
で、役に立った記事などは今までははてブに記録したりしてたんですが
結局なんの時に記録したブクマだったか後から追えない、みたいな問題がありました。

そこで、README.md にその時調べてて役立った記事をメモすることにしました。
これで、何の練習やってた時に調べたことなのかはわかるし
該当のリポジトリに行けばリンクとしてもアクセスできるしとても便利でした。

また、作ったアプリの画面も README.md に貼り付けておけば
リポジトリにアクセスした時にどんな練習してたかすぐ思い出せて便利でした。

肥大化しがちな使い捨てのプロジェクトも気持ちよくローカルから消せて便利

GitHubに上げているということは
いつでもcloneできるのでローカルからは気軽に消せるのもいいですね。
もしGitHubが吹っ飛んだ時は……諦めますw

このメモが皆様の学習などに役立てば幸いです。