flutter の Error で CocoaPods specify a platform とか出たときの対処

1 min read

英語のエラーメッセージを記事タイトルにしようとするとどう書くか困りますよね(よね?)

TL;DR

  • pub.dev で取得したプラグインなどを使ってると flutter run で CocoaPods のエラーが出ることがある。
  • ./ios/Podfile を一度消す rm ios/Podfile
    • 別に消さなくてもいいけどこれだけで解決することもあるみたい
    • 再度 flutter run すると ./ios/Podfile が生成される
  • ./ios/Podfile の platform :ios, '9.0' の部分がコメントアウトされていたなら見直す。コメントを外すとか。多分なんかのプラグインが古いiOS versionサポートしてないんじゃないですか。知らんけど。

※./ios/Podfile は flutter create した時に生成されている ios/ ディレクトリ配下という意味です

flutter run した時にこんなエラーが出ることがある

Error output from CocoaPods:
↳
[!] Automatically assigning platform `iOS` with version `8.0` on target `Runner` because no platform was
specified. Please specify a platform for this target in your Podfile. See
`https://guides.cocoapods.org/syntax/podfile.html#platform`.

Error running pod install

「プラットフォームが指定されていなかったため、ターゲット「ランナー」にバージョン「8.0」のプラットフォーム「iOS」を自動的に割り当てました。 Podfileでこのターゲットのプラットフォームを指定してください。」

って言われてる。で、コケてる。
多分なんかのプラグインが古い iOS version をサポートしてないんじゃないですか。知らんけど。

じゃけん対象プラットフォームを指定してあげましょうね

./ios/Podfile の
platform :ios, '9.0' とかしてあげましょう。
platform :ios, '12.0' とかでもいいんじゃないですかね、今どき。
この辺はサポート範囲の要件とご相談ください。

参考