Android 10 実機で macOS Catalina から flutter run するときのメモ

1 min読了の目安(約800字TECH技術記事

既にどこででも書かれ尽くされたネタですが
微妙に詰まったのでメモ

1. Android の開発者モードをON

「設定」アプリ -> デバイス情報(一番下の方) -> ビルド番号(一番下の方) を7回タップ
参考元にも書いてあるけど、スーファミかよ。

2. Android USBデバッグをON

「設定」アプリ -> システム -> 詳細設定を開く -> 開発者向けオプションを開く
-> USBデバッグ をON

「USBデバッグを許可しますか?」ときかれるので OK

3. Mac と繋ぐ

USBケーブルで繋ぐ。
MacとAndroidも USB-C to USB-C で繋がるようになったので便利ですね。

???「iPhone だけだよ!?(迫真)」

4. Android 通知センターからUSBファイル転送を許可

通知センターを開き、「USBで充電中」をタップ
-> 詳細設定からUSBの使用:ファイルの転送 を選択

5. flutter devices で確認

flutter devices して接続した端末が表示されていれば準備完了

6. flutter run する

flutter run する


Android File Transfer が必要、みたいな記事もあったりするけど不要です。

  • AndroidをPCで認識できない原因と解決方法! USB接続の用途を設定してスマートフォンやタブレットをパソコンから表示しよう | あっとはっく