Vagrantの上にDockerを載せて開発環境を作成する

8 min read読了の目安(約7800字

はじめに

こんにちは
Watanabe Jin (@Sicut_study)です。

本日は、windows + VirtualBox + Vagrant + dockerの環境を構築します。
また、VScodeとpowershellを使ってコマンドなどは実行しています。

私は普段からDocker desktopを愛用しており、Vagrantはwindows 10 Homeの時にDockerが簡単に入らなかったときに利用していました。

ちなみに今はwindows10Homeでも簡単にいれることができますので、こちらを参考にしてみてください。

では、何故わざわざVagrantで仮想環境を用意して、その上にDockerを利用できるようにしようかというと、私が勤めている会社ではDocker desktopのセキュリティ要件が満たされておらず、使うことが推奨されていません。

ですので、社内でDockerを利用する場合は、Vagrantの上でDockerを使うのが普通となっています。 (最近やっとDocker desktopを使えるようになったみたいです)

また、Vagrantだけで行っているプロジェクトも多く、今後他のプロジェクトに入る際にVagrantのインストールは必須になりそうでした。

しかし、VagrantDocker desktophyper-vの関係で共存することができません。するとなると、Vagrantをするたびにhyper-vを切って再起動というかなり手間のかかることを今後やらないといけない可能性があります。(私が今参加しているのはたまたまDocker desktopでした)

というわけで今回はいつVagrantのプロジェクトに参加しても大丈夫なようにVagrantの上にDockerを載せましたのでその手順をまとめたいと思います。

今回作成する環境

VirtualBox + Vagrant + Docker + docker-compose + git

準備

1. Hyper-vは切る

dockerをインストールしたらvagrant up(virtualbox)が起動しなくなった件
Dockerをすでに利用している方はこちらを参考に行ってください。

2. Vscodeインストール

省略させていただきます。

3. VirtualBoxとVagrantのダウンロード

VirtualBoxをインストールする
6.1.22をインストールしました。

Vagrantをインストールする
2.2.16をインストールしました。

環境構築手順

1. Vagrant環境を作成する

適当なフォルダ(ここではvagrant_docker)を作成して、そのフォルダに入り、
powershellに以下のコマンドを打ち込みます。

$ vagrant box add ubuntu/bionic64

ダウンロードにはしばらく時間がかかります。

完了したら

$ vagrant init ubuntu/bionic64

と打ち込むとVagrantfileがカレントディレクトリに作成されます。

Vagrantfileを以下のように設定します。

# -*- mode: ruby -*-
# vi: set ft=ruby :

# All Vagrant configuration is done below. The "2" in Vagrant.configure
# configures the configuration version (we support older styles for
# backwards compatibility). Please don't change it unless you know what
# you're doing.
Vagrant.configure("2") do |config|
  # The most common configuration options are documented and commented below.
  # For a complete reference, please see the online documentation at
  # https://docs.vagrantup.com.

  # Every Vagrant development environment requires a box. You can search for
  # boxes at https://vagrantcloud.com/search.
  config.vm.box = "ubuntu/bionic64"

  # Disable automatic box update checking. If you disable this, then
  # boxes will only be checked for updates when the user runs
  # `vagrant box outdated`. This is not recommended.
  # config.vm.box_check_update = false

  # Create a forwarded port mapping which allows access to a specific port
  # within the machine from a port on the host machine. In the example below,
  # accessing "localhost:8080" will access port 80 on the guest machine.
  # NOTE: This will enable public access to the opened port
  # config.vm.network "forwarded_port", guest: 80, host: 8080

  # Create a forwarded port mapping which allows access to a specific port
  # within the machine from a port on the host machine and only allow access
  # via 127.0.0.1 to disable public access
  config.vm.network "forwarded_port", guest: 8000, host: 8080, host_ip: "127.0.0.1"

  config.vm.provider :virtualbox do |vb|
    vb.memory = 2048
  end

  config.ssh.insert_key = false
  
  # Create a private network, which allows host-only access to the machine
  # using a specific IP.
  config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10"

  # Create a public network, which generally matched to bridged network.
  # Bridged networks make the machine appear as another physical device on
  # your network.
  # config.vm.network "public_network"

  # Share an additional folder to the guest VM. The first argument is
  # the path on the host to the actual folder. The second argument is
  # the path on the guest to mount the folder. And the optional third
  # argument is a set of non-required options.
  config.vm.synced_folder "../workspace", "/vagrant_data"

  # Provider-specific configuration so you can fine-tune various
  # backing providers for Vagrant. These expose provider-specific options.
  # Example for VirtualBox:
  #
  # config.vm.provider "virtualbox" do |vb|
  #   # Display the VirtualBox GUI when booting the machine
  #   vb.gui = true
  #
  #   # Customize the amount of memory on the VM:
  #   vb.memory = "1024"
  # end
  #
  # View the documentation for the provider you are using for more
  # information on available options.

  # Enable provisioning with a shell script. Additional provisioners such as
  # Ansible, Chef, Docker, Puppet and Salt are also available. Please see the
  # documentation for more information about their specific syntax and use.
  # config.vm.provision "shell", inline: <<-SHELL
  #   apt-get update
  #   apt-get install -y apache2
  # SHELL
end

ネットワークの設定とメモリの設定、仮想環境にマウントするフォルダを指定しました。

そして仮想環境を起動して、ゲストOSでSSH接続します。

$ vagrant up
$ vagrant ssh

これでVagrantでの仮想環境作成は終了です。

2. Dockerをインストールする

SSH接続をした状態で以下のコマンドを実行します。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install \
    apt-transport-https \
    ca-certificates \
    curl \
    gnupg \
    lsb-release
# Do you want to continue? [Y/n] と聞かれたらYを入力
$ curl -fsSL https://download.docker.com/linux/ubuntu/gpg | sudo gpg --dearmor -o /usr/share/keyrings/docker-archive-keyring.gpg
$  echo \
  "deb [arch=amd64 signed-by=/usr/share/keyrings/docker-archive-keyring.gpg] https://download.docker.com/linux/ubuntu \
  $(lsb_release -cs) stable" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/docker.list > /dev/null
$ sudo apt-get update
# Do you want to continue? [Y/n] と聞かれたらYを入力
$ sudo apt install docker-ce=18.06.1~ce~3-0~ubuntu

最後以外は公式のリファレンス通りとなります。

そして、このままではdockerコマンドの前にsudoをつける必要があるため、権限を変更します。

$ sudo usermod -g docker vagrant
$ sudo service docker restart

その後Vagratn sshを再度行います。

$ exit
$ vagrant ssh

以下のコマンドでエラーがでなければ成功です。

$ docker ps

# CONTAINER ID        IMAGE               COMMAND             CREATED             STATUS              PORTS               NAMES

3. docker-composeをインストールする

SSH接続した状態で以下のコマンドを実行します。

$ sudo curl -L "https://github.com/docker/compose/releases/download/1.26.0/docker-compose-$(uname -s)-$(uname -m)" -o /usr/local/bin/docker-compose
# 権限付与 (cmodはチェンジモードと読みます)
$ sudo chmod +x /usr/local/bin/docker-compose

これで、dockerの設定は終了したのでdocker-compose.ymlを作成して起動してみます。

マウントの設定をしたフォルダに以下のファイルを作成します。
(私の場合Vagrantfileには../workspaceとあるので、そこに作成しました)

docker-compose.yml
version: "3"
services:
  hello:
    image: hello-world:latest

docker-compose.ymlのあるディレクトリに移動します。

$ cd .. # home
$ cd .. # root
$ cd vagrant_data

# $ ls でdocker-compose.ymlがあることを確認

それでは、起動してみます。

$ docker-compose up

すると、最初に

Hello form Docker!
This message shows that your installation ....

とでて、コンテナが落ちれば成功です。

4. gitをインストールする

gitを利用する場合は、vagrantにgitをインストールする必要があります。(仮想環境の上でgitコマンドを使います。)

$ sudo apt-get install git
$ git config --global user.name [ここに自分のユーザー名を入れる]
$ git config --global user.email [ここに自分のメールアドレスを入れる]

# 私の場合
# git config --global user.name jinwatanabe

そのあとインストールされているかを確かめます。

git log

エラーがでなければ成功です。

フォルダ構成

最終的には以下のようなフォルダ構成になりました。

┣ vagrant_docker
    ┣ Vagrantfile
    ┣ ubuntu-bionic-18.04-clouding-console.log
    ┣ .vagrant

┣ workspace
    ┣ docker-compose.yml

おわりに

Vagrantはエラーと格闘することが多いような気がしています。
特に権限回りなど毎度エラーに悩まされております。

環境によってはエラーがでるかもしれませんので、調べて対処してみてください。
また、この記事は2021年6月時点ですのでそれ以降には動かない可能性もございます。

これでいつ社内のVagrantのプロジェクトに参加することになっても大丈夫ですが、やはりDocker deskopが私は好きです。

参考記事