🙄

【TS学習:no.1】typescriptを導入するメリット

2022/09/15に公開約1,100字

TypeScriptとは?

マイクロソフト社によって開発されたJavaScript(以下、JS)の拡張からできたプログラミング言語です。
大規模アプリを開発時にJSの複雑なソースコードを扱わうのがだるくて、独自のツールが必要だったからと言われています。TypeScript(以下、TS)は、JSよりもエラーやバグなどのトラブルが発生しにくいプログラミング言語として開発されました。

Typescriptがどうして導入されるのか?

最近、JavaScriptともに、フロントの発展として、TypeScriptが導入されるようになってきました。そこで、typescriptを勉強しているけど、いまいち使うメリットが分からないなんてことはあるあるです。そこで、TypeScriptのメリットを簡単にまとめてみました。

そこで、導入される価値としてあげられるものをあげてみました。ちなみに、JSと互換性がいいとかは省いているので、それらについては、下の参考文献を読んでください。

分割されたモジュール

JSでの記述には適度に機能やクラスなどを分割することが一般的です。フロントで重要視することは、それぞれ分割されたモジュールの依存関係が担保できるかということです。

大規模になっているフロントエンド開発

フロントエンドのコードが年々、規模が拡大していっているのです。特にSPA(Single Page Application)は、分割されたモジュールのそれぞれが依存関係にあるものです。それは、Store設計などなどで。
しかし、大規模になるとSPAでの依存関係の管理・把握が難しくなります。そこで、型システムが役に立つのです。

エラーやバグの防止

これまでリリースした時に、エラーやバグが見つかることがありましたが、コンパイル時にエラーやバグが見つかるようになったため、リリース前に見つかるようになります。なので、変なことはリリースしてから起きにくくなるのです。

参考文献

Discussion

ログインするとコメントできます