🎮

RetroSpyを使わずにSwitchプロコンの入力表示をしてみた

2022/05/29に公開約1,400字

概要

https://zenn.dev/jiikko/articles/9bcbaac412a3f1

https://www.youtube.com/watch?v=XCvCB8ypdoo

https://github.com/splaplapla/switch-procon-input-viewer

仕組み

procon_bypass_manは、Raspberry PI上で動くプロコンからの入力をバイパスするツールですが、最近のアップデートで、HTTPリクエストを受け付けれるようになり、入力中のボタンを外部から取得できるようになりました。
SwitchProconInputViewerからは、Raspberry PIへHTTPリクエストをポーリングし、状態を画面に反映しています。

つまり、LAN内のホストへHTTPリクエストを送信できればいいので、WEBページだけで動かすことができています。
http://procon_input_viewer.jiikko.com/

技術的な事情

本ツールは、github pagesでホスティングしているただのHTMLファイルです。通常、github pages上でホストすると、HTTPSになってしまいます。
HTTPSのページから、HTTPS非対応のprocon_bypass_manのHTTPサーバへリクエストを送ろうとすると、 Mixed Contentエラーになってしまい、リクエストを送れなかったので、カスタムドメインを使ってHTMLファイルをHTTPで配信しています。

これが https://splaplapla.github.io/switch-procon-input-viewer から http://procon_input_viewer.jiikko.com/ へリダイレクトしている理由です。

その他

スティックの描画はまだできていません。実装予定です。

discordで質問とかを受け付けています。

https://discord.gg/bEcRNKf4ep

RetroSpyとの比較

- RetroSpy SwitchProconInputViewer(本ツール)
対応機種・コントローラー 多い SwitchとProコントローラーのみ
実行環境 Windowのみ ブラウザが動くOSならスマホでもOK
導入の難しさ たぶん容易 PBMの導入にLinuxを触る必要がある

おわり

Discussion

ログインするとコメントできます