Chapter 01無料公開

はじめに

対象読者

  1. 「アウトプット」という言葉を知らない
  2. 「アウトプット」という言葉をよく聞きはするものの、「アウトプット」というものがよくわかっていない
  3. 「アウトプット」って言われてそれが何かは何となくわかるけど、自分の「アウトプット」が伸び悩んでいることを自覚されている人
  4. 全般的に「勉強」というものが嫌いな人

対象としていない読者

  1. 「アウトプット」の細かいテクニックを知りたい人。
  2. 普段から「アウトプット」の習慣があり、その効果が自他共に認められている人
  3. 「勉強」が大好きな人
  4. 「アウトプット」に一家言を持っている人。何なら本とか出している人。

この本で伝えたいこと

アウトプットってよく聞くけどその本質は何なんでしょう?

この本ではアウトプットにおける大切な概念から良いアウトプットの出しかたやそのための姿勢など「アウトプット」に関する基本的な定義づけについて順を追って丁寧に説明します。

アウトプットは直訳すると「出力」であり、機械にも用いられる言葉ではありますが、我々は機械ではありません。

それでも、人が何かしらを「出力」せざるを得ない機会、つまり資料を作ったり、プログラムを書いたり、会話として言葉を紡いだり、といったよくある日常においてどんなアウトプットに対しても貴方がシステマチックにアプローチできるような前段としての概要や手順、考え方を説明していくつもりです。

ですので、「人が見てわかりやすい資料の作り方」や「特定のプログラミング言語の設計手順」、「100%の思いが伝わる会話術」、といった細かいテクニカルなアプローチについては他の本、Zennだけでなく商用として販売されている本然り、先達の方の言葉にお任せします。

アウトプットという言葉をまず自分の中に定義付けたい、そんな貴方にとってこの本が理解や成長の一助になれれば幸いです。

特記事項

  • 2021/5/31まで無料公開予定です。
  • 無料公開は終了しました。