👹

Rails モデルの作成からのテーブル作成 アウトプット4日目

1 min read

モデル (DBの処理担当)の作成方法

ターミナル上で

rails g model tweet
#tweetは例で使用

上記のコマンドをすることで、app/modelsディレクトリ配下に、tweet.rbというモデルのファイルが作成されました。

合わせて、モデル生成時にdb/migrateというディレクトリの中にマイグレーションファイルを編集
※マイグレーションファイルとは、中身を編集し、コマンドを使用することで、アプリケーションに付随するデータベースのテーブルに情報を反映するファイルのこと

db/migrate/20XXXXXXXXXXXX_create_tweets.rb

class CreateTweets < ActiveRecord::Migration[6.0]
  def change
    create_table :tweets do |t|
      t.string :name
      t.string :text
      t.text :image
      t.timestamps
    end
  end
end

編集をしたら、
ターミナル

rails db:migrate

以上でマイグレーション(tweetsテーブルの作成)の実行完了!

ローカルサーバーの再起動も忘れずに
ターミナル

# 「ctrl + C」でローカルサーバーを終了

# 再度、ローカルサーバーを起動
rails s

以上!