Open3

UnityのWebGL templatesについて調べてみた

https://docs.unity3d.com/ja/2021.3/Manual/webgl-templates.html

WebGL templates

重要:WebGLのテンプレート機能を使用するには、JavaScriptの概念と用語に関する予備知識が必要です。

WebGL プロジェクトを構築すると、Unity は HTML ページに Player を埋め込み、ブラウザがそれを開くことができるようにします。WebGL テンプレートは、この HTML ページの外観を制御するための設定であり、これによって WebGL アプリケーションをブラウザでテスト、デモ、プレビューすることができます。

WebGL テンプレートにアクセスするには、以下の手順に従います。

Add a WebGL template

カスタムテンプレートをプロジェクトに追加するには、プロジェクトの Assetsフォルダに移動し、 WebGLTemplates という名前のフォルダを作成します。各テンプレートは、WebGLTemplates フォルダー内のサブフォルダーです。各テンプレートサブフォルダーには、index.html ファイルと、画像やスタイルシートなど、ページが必要とするその他のリソースが含まれます。

新しいカスタム WebGL テンプレートを作成する最も簡単な方法は、組み込みの Default または Minimal テンプレートのコピーを作成することです。これらは、

C:\Program Files\Unity\Hub\Editor\yyyy.x.z\Editor\Data\PlaybackEngines\WebGLSupport\BuildTools\WebGLTemplates にある対応するサブフォルダに格納されています。すべてのUnityプロジェクトは、デフォルトでこれらを含んでいます。これをコピーして、自分の Project/Assets/WebGLTemplates フォルダに置き、後でテンプレートを識別できるように、何か意味のある名前に変更します。

Project の WebGLTemplates フォルダにあるテンプレートは、Unity Player Settings の WebGL Template 設定に表示されます。テンプレートの名前は、そのフォルダと同じです。このオプションに簡単に参照できるサムネイル画像を与えるには、128x128ピクセルの画像をテンプレートフォルダに追加し、thumbnail.pngという名前を付けます。

Template variables, macros, and conditional directives テンプレート変数、マクロ、条件付きディレクティブ

ビルドプロセスにおいて、Unityはテンプレートファイルをプリプロセスし、それらのファイルに含まれるすべてのマクロと条件付きディレクティブを評価します。このプロセスの一環として、Unityはすべてのマクロ宣言を見つけ出し、エディタが提供する値に置き換えます。Unityは、テンプレートフォルダ内のすべての.html、.php、.css、.js、.jsonファイルを自動的にプリプロセスします。

Internal preprocessor variables Internal preprocessor variables

ログインするとコメントできます