🔥

Unreal Engine5.0のリリース直後にHololens 2ビルドできるか試してみた

2022/04/05に公開約2,100字

はじめに

2022年4月6日にUnreal Engine5.0 (以下UE5)がリリースされました。それまではプレビュー版でしたが正式版でリリースされてました。

https://docs.unrealengine.com/5.0/ja/unreal-engine-5-0-release-notes/

UE5はLumen のグローバルイルミネーションなど、期待されている機能が多く、注目度が高かったかと思います。

その中でHoloLens 2開発のサポートがどうなっているのか気になって調査してみました!
ちなみに、UE4.25~4.27ではHoloLens 2での開発をサポートしています。

結論

過去の記事のUE4.26によるHoloLensビルドの手順を確認しながら、
UE5からHoloLens 2向けのビルドをすること自体はできました。

https://youtu.be/zk62GvoDIb4

しかし

  • MixedReality-UXTools-Unrealという(UnityでいうMRTKにあたるもの)が2022年4月6日現在ではUE5対応できていない状況です
    • したがって、ハンドトラッキングなどのHoloLens2の開発をスムーズに行うことは難しいです。
  • 開発フローで大きな変更が一つあります
    • HoloLens Pluginのチェックが不要になりました
  • 2022年4月6日現在ではWindows11で、Microsoft Windows Mixed Realityプラグインが使用不可。Windows10であれば可能

MixedReality-UXTools-UnrealのUE5対応状況について

Githubを見たところ、UE5対応のissueは上がっていました。

正式リリース前の調査としてこちらのブランチが使用されていたようです。

https://github.com/microsoft/MixedReality-UXTools-Unreal/tree/public/0.12.x-UE5.0

開発自体は進んでいるものの、最終コミットが2021年11月19日。3ヶ月以上止まっているので、正式リリースとなった今、進むかどうか (もはや、検証してfixしてプルリク送ってもいいかもしれない)

UMG (UnityでいうUI)やシェーダー回りにバグがあるようです。

HoloLens プラグインのチェックが不要

https://docs.unrealengine.com/5.0/ja/unreal-engine-5-0-release-notes/

より

HoloLens プラグインとそのすべての機能は Unreal Engine 5 に完全に統合されました。このため、HoloLens プラグインは不要になり、これをプロジェクトに追加することもできなくなりました。HoloLens プラグインを使用する既存のプロジェクトがある場合は、UE5 へのアップグレード後に初めてそのプロジェクトを開いた際に、このプラグインのコンフィグ データを削除するよう Unreal Engine 5.0 に促されます。

ということで、UE4.25~4.27で必要だったHoloLensプラグインのチェックは不要になります。

Microsoft Windows Mixed Realityプラグイン

HoloLensから没入感ある体験をするためには、Microsoft Windows Mixed Realityプラグインのチェックが必要です。しかし、私の家のPCのWindows11では使用不可でした (今後改善される可能性はあります) なので、今回はWindows10の別PCでビルドすることで解決しました。

UE5のEditor変更点

特に変わったところを2つ紹介。

Ctrl+Spaceで、コンテンツブラウザが立ち上がります

Package (Build)のボタン位置の変更

再生ボタンの右側にPlatformというボタンがあるので、そこからPackage作業を行います。

まとめ

待望のUE5で早速HoloLensビルドができて個人的にはテンションが高まりました。
現状ではHoloLens開発のために必要な主要プラグインがUE5に対応してないのですが、今後対応されていくと思います。また対応がされたら記事を書いていきたいと思います。

Discussion

ログインするとコメントできます