🔥

8thWallのLightship VPS for Webを静岡で試してみた

2022/09/24に公開約5,200字

こんにちは、XRエンジニアのイワケンです。

2022年の9月22日に8th Wall Blogにて、Introducing Lightship VPS for Webという記事が公開されました。ついに「Web」の「VPS」が民主化されるぞ!というところで個人的には非常にワクワクしたリリースでした。

AR体験として有用な、カメラ撮影から自分の場所や向きを推定するVPS (Visual Positioning System)という技術は近年

  • Spatial Anchors
  • Immersal
  • Pretia
  • GeoSpatial API

など、様々な開発SDKが登場していましたが、すべてネイティブのスマホアプリ (iOS,Android)への対応でした。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

https://speakerdeck.com/satoshirobatofujimoto/vpsmatometemita

ARアプリはWebARと比べて、リッチな表現ができる一方で、手軽さではWebに劣っていることが多いです。
特に、外出先でスマホを開くときに気軽に体験できるWebARでのVPSは非常に魅力的です。

というところで、WebARで有名な8thWall社を、ポケモンGOのNiantic社が買収したことで、WebARでのVPSが早速実現できたというストーリーなのです。

この記事では、公開されたブログやドキュメントをもとに、8thWallのLightship VPS for Web (以下Lightship VPS)で何ができるのか紹介しつつ、実際触ってみた手順についてご紹介します。開発合宿先の静岡で実践しました。日本最速かもしれません (一緒に旅行した中村君も同じ日に行いました)

https://twitter.com/tsukuba22_mr1/status/1573549108425818113?s=20&t=Qx4s4dQIhuQcqObfkLESnQ

注意

速度重視に記事を書いたので、荒削りだったり、あとで書く予定のところもあります。

すでにあるWayspotを活用する

WayspotsはNiantic社が定義した言葉です。
簡単に言うとVPSができるスポット (ポケスポット的な) です。ただ、GPSだけでなくカメラ映像から自分の位置を推定することができます。

私の旅行先の静岡県もいくつかWayspotsがあるようです。
この画面を開くためには、8thWallのCloud Editorから、左メニューのGeospatial Browserをクリックします。この単語もVPSの扱いでよく使うので覚えましょう。

Wayspotsの1つを選択すると、スキャンしたあとのようなMeshが現れます。すでに存在しているWayspotsはこのように表示されます。

実際にデモアプリを起動して、熱海駅のSLに行ってみるとSL広場がレコメンドされます。

https://twitter.com/iwaken71/status/1573508380450205696?s=20&t=6ZXHVRoB_agIBLrZt09hXA

使用したサンプルアプリはこちら

https://8thwall.8thwall.app/vps-bespoke/

すでにあるWayspotsに反応するWebARアプリを作る

8thWallは公開されたプロジェクトをCloneして自分のプロジェクトにすることができます。
試しにvps-bespokeのプロジェクトをCloneしましょう。

https://www.8thwall.com/8thwall/vps-bespoke

ここからClone Projectです。

続いての手順はこちらです

  • 追加したいWayspotsを選択
  • 「Add to Project」
  • 「Project Wayspots」リストに追加されたのを確認

追加したいWayspotsを選択

「Add to Project」

「Project Wayspots」リストに追加されたのを確認

ではソースコードをいじっていきます。

  • glbデータのimport
  • body.htmlの編集

glbデータのimport

先程にexportするアイコンがあるので押します。

glbデータをドラッグ&ドロップします。すると追加できるぞ!

body.htmlの編集

body.htmlを開き、vpsに関わる実装を真似しながら追加していきます。
aframe頑張っていきましょう。

body.html
<a-scene
  landing-page
  vps-coaching-overlay
  background="color: #303030"
  renderer="colorManagement: true"
  gltf-model="dracoDecoderPath: https://cdn.8thwall.com/web/aframe/draco-decoder/"
  xrextras-runtime-error
  xrextras-loading
  xrweb="enableVps: true">

  <a-assets>
    <a-asset-item id="vps-mesh" src="./assets/cal-park-wayspot.glb"></a-asset-item>
    <!--追加-->
    <a-asset-item id="vps-mesh2" src="./assets/sl_1.glb"></a-asset-item>
    <!--追加-->
    <a-asset-item id="squaloons-mesh" src="./assets/squaloons.glb"></a-asset-item>
  </a-assets>
  
  <a-camera
    position="0 1.8 4"
    raycaster="objects: .cantap"
    cursor="fuse: false; rayOrigin: mouse;">
  </a-camera>

  <a-entity named-wayspot="name: california-p">
    <a-entity
      gltf-model="#vps-mesh"
      xrextras-hider-material>
    </a-entity>
    <a-entity 
      gltf-model="#squaloons-mesh"
      cubemap-realtime
      animation-mixer="clip: *">
    </a-entity>
  </a-entity>

  <!--追加-->
  <a-entity named-wayspot="name: 熱海軽便鉄道のsl">
    <a-entity
      gltf-model="#vps-mesh2"
      xrextras-hider-material>
    </a-entity>
    <a-entity 
      gltf-model="#squaloons-mesh"
      cubemap-realtime
      animation-mixer="clip: *">
    </a-entity>
  </a-entity>
  <!--追加-->

  <a-light type="directional" intensity="0.5" position="1 1 1"></a-light>
  <a-light type="ambient" intensity="1"></a-light>
</a-scene>

<a-entity named-wayspot="name: 熱海軽便鉄道のsl">のnameはGeoSpatial Browserのここを参考にしました。

これで実際にWayspotsに行ってみると...?

デモ動画ができ次第共有しますね。

Wayspotがなければ作る

Wayspotsがなければ作ればいいじゃないか!ということで「ユーザー」が作ることができるみたいです。GoogleさんのARCore Geospatial APIだと、Googleストリートビューの人に期待するしかないですよね。

この記事では、ドキュメントの説明をしつつ、途中までチャレンジしたことを共有します。
手順はこちら

  • Geospatial Browserにて
    • 新しいWayspotsを地図上で選択
    • Wayspotsの情報を追加
  • Niantic Wayfarer Appにて
    • 対象スポットをスキャン
      • 時間帯も10回以上スキャンデータを送る

新しいWayspotsを地図上で選択

Create Wayspotをクリック

Wayspotsの情報を追加してください。名前などがもとめられます。

Niantic Wayfarer Appの準備

Niantic Wayfarer AppはVPSのための3DMapをスキャンするためのアプリです。これを使うためにはTest Flightアプリ (iPhone8以降、iOS12以降)をインストールする必要があります。

こちらのリンクから入りましょう。

https://testflight.apple.com/join/VXu1F2jf

対象スポットをスキャン

アプリを立ち上げるとスキャンを直感的にすることができます。
スキャンができたら、送信します。

https://twitter.com/iwaken71/status/1573752517137088514?s=20&t=6ZXHVRoB_agIBLrZt09hXA

時間帯も10回以上送らないと次のステータスに進めない

結論、時間帯変えつつ、10回以上スキャン&送信をしないとWayspotsとしてActivateされないみたいです。かつ精度もいい感じである必要があります。

今回、まだ1回しかスキャンをアップロードしていないため、ステータスが進んでいません。

今後

  • 既存Wayspotsへの体験を実装できたか試す
  • 新しいWayspotsを作るまでスキャンのアップロードを行う

参考

Discussion

ログインするとコメントできます