👻

Reverse string(by Exercism) ~C++リハビリ~

2022/02/09に公開約900字

概要

C++リハビリ記事。
ExercismのReverse string解法。

問題

入力された文字列を逆順にして返す関数を作成する。

解法

reverse_string.h
#if !defined(REVERSE_STRING_H)
#define REVERSE_STRING_H
#include <string>
namespace reverse_string {
    std::string reverse_string(std::string);
}  // namespace reverse_string
#endif // REVERSE_STRING_H
reverse_string.cpp
#include "reverse_string.h"
namespace reverse_string {
    std::string reverse_string(std::string str) {
        int str_length = str.size();
        std::string str_return="";
        for (int i=str_length-1; i>=0; i--){
            str_return = str_return+str[i];
        }
        return str_return;
    }
}  // namespace reverse_string

メモ

stringについて

#include <string>で使用できる文字列クラス。 名前空間はstd。

特定のインデックスの文字の抽出

str[0]などインデックスを直接指定する。

文字列の結合

+で結合できる。

文字列の長さの取得

size()で取得可能

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます