🧪

ExercismでElixirを学ぶ技術

2022/12/20に公開約1,800字

はじめに

この記事は「Elixir Advent Calendar 2022」カレンダー4の19日目の記事です。

Exercismとは?

この記事では、僕がオススメするプログラミング学習サイト「Exercism」を紹介します。
無料で学習できますので、Elixirを学び始めたい人はぜひ登録してみて欲しいです。
https://exercism.org

「Exercism」の概要は、fabrica様の記事が分かりやすいので詳しくはそちらを読んでください!
https://www.fabrica-com.co.jp/techblog/technology/7548/

オススメなところ

Exercismがプログラミング学習サイトとして気に入っている点は、次の3点になります。
私が無料ユーザーなため、すべて無料で使える機能となっています。

  • シラバスが明確
  • エクササイズ(練習問題)が豊富
  • ランク制が無い

下記で詳しく見ていきます。

シラバスが明確

Exercismは言語を学習する上でのシラバスが公開されています。
このシラバスの面白いところは、各トピックを上から順々にやっていくだけじゃない点です。

この画像は、Exercismでの私のアカウントのシラバスです(シラバスは全アカウント共通です)
各トピックごとに1~8個程度の練習問題が設定されています。
トピックの問題をすべて解く前に次のトピックが解放され、ある程度進んだ後で前のトピックの問題が解放されるようデザインされています。

1つのトピックを長引かせないことで飽きにくく、広く浅いところから広く深くElixirを学んでいくことができます。

練習問題が豊富

ExercismにはElixirの練習問題が156もあります(2022-12-20時点)
https://exercism.org/tracks/elixir/about

ブラウザ上でコードを書くことができるためエディターを準備する必要はありませんし、逆にローカルで問題を解いてアップロードすることも可能です。
https://exercism.org/docs/using/solving-exercises/working-locally

問題文は英語オンリーですが、入力と結果のサンプルとヒントが設定されているため特に躓くことはありません。
下記画像はある問題の中の設問1です。
設定されたタスクの説明と入力と期待する結果、ヒントが記載されています。

Exercismは競技プログラミングの類ではないため、問題の提出回数や時間に制限はありません。
中断も自由にできますし、中断したところまででコードが保存されます。

また、提出したコードに修正できそうな点があるとクリア後にサジェスチョンが届きます。
こうすることで達成感を損なわず、良いコードを学ぶことができます。

ランク制が無い

Exercismには、ランク制がありません。自分の進捗は上記のシラバスのみです。
自分はランク制がある場合、ランクに気を取られ過ぎてしまい目的と手段が入れ替わってしまいガチです。
ランク制が無いおかげでランクを上げることではなくて単純に学習することに集中できています。

ランクはありませんが実績はあります。
これを学習のモチベーションにしてみても良いかも知れません。

終わりに

プログラミング学習サイト「Exercism」を紹介しました。
学習する部分は無料で使えますし、教材の分量が多いサイトですのでぜひとも利用してみてください。

Discussion

ログインするとコメントできます