Open
8

個人開発アプリのバックエンドを ts.ED と Clean Architecture を使ってリプレイスする

ディレクトリ構成は以下のように実装していく。
後で変わるかも

  • src
    • repositories
    • usecases
    • domains
    • infrastructure
    • interfaces

次に UseCase を実装する。createPage.ts
usecases ディレクトリ直下ではなく、今後オペレーションによって増えていくはずなので
usecases/page に実装する

https://github.com/itizawa/webev-back/commit/4ecd412a89e24b8209208383aace9ed97e47b13d

DIP を用いるために、 ​IPageRepository を作成した。
infrastructure で PageRepository を実装する。

https://github.com/itizawa/webev-back/commit/ad4dc4b7e31ee3c91954c6bedca41ca575044cbc

既存のプロジェクトに適応するのは難しい... ts.ED と clean architecture の連携がなかなか上手くいかない。
一旦 ts.ED はやめて express × clean architecture の実装をめざす

作成者以外のコメントは許可されていません