🔍

[SG Tips] バージョンのレイアウトへの工夫

2 min read

ShotGridアドカレ2021 2日目の記事です。
< 1日目 | 3日目 >


SGでの提出物 = Version ですが、
リスト表示のレイアウトはおおむねこういう感じかと思います。


※SGのデモプロジェクトに使われているオープンソースプロジェクト「Big Buck Bunny」についてはこちら

https://peach.blender.org/about/

デフォルトの状態ではこのように(▲)、
この成果物の作業対象(リンク)や作業担当者(アーティスト)の欄があります。
チェックする人 = レビュアーがありません。

task
├ version
├ version
├ version
└ ...

バージョンはタスクの成果物として発生し、
レビュアーは(バージョンをもちろんレビューしますが)タスクそのものを監督しており、
同タスク内でバージョンが進むたびにレビュアーが変わる、ということは普通は想定しなくていいでしょう。

なので、「レビュアー」という情報はタスクが持っていればよく、タスクエンティティにその欄があります。

NG:
task
├ version - reviewer
├ version - reviewer
├ version - reviewer
└ ...

SG:
task - reviewer
├ version
├ version
├ version
└ ...

こういう、直感的では無い気が一瞬するけど考えてみるとセオリー通りか……みたいなのが
よくもわるくもSGらしいところです。

レビュアー欄を追加する

とはいえ、このバージョンを誰がレビューするのだというのは一望できた方がいいでしょう。
今回は、 前回 のようにクエリフィールドを足す必要はありません。
タスクに備わっている情報を引っ張ってきます。

「列を挿入」メニューの 下の方にある 「タスク >」から「レビュー担当者」を指定することで、
該当するタスクのレビュー担当者が バージョンのリスト上で 確認できるようになります。

「列を挿入」はわりといろいろなところからアクセスできます。ここでは ヘッダーを右クリック からたどりました。

フィルタも追加する

ついでに、同様のフィルタも追加しておくと利便性が高まると思います。
プルダウンのたどり方は「列を挿入」と同じです。

▲足したところ。
ページの保存もお忘れなく。


宣伝

ShotGridのTipsをまとめた本を制作中です。
2022年のイベントやBOOTHでの頒布を目指しています。

https://zenn.dev/it_ks/articles/0198aeb0f9765a

https://circleqt.booth.pm/items/3472241

< 1日目 | 3日目 >

Discussion

ログインするとコメントできます