Open1

M1Macでterraformのチュートリアルやってみたログ

GCPのチュートリアルやる

環境

  • MacBook Pro(14インチ、2021)
  • Apple M1 Pro

Install Terraform

  • Homebrewでインストール
  • Quick start tutorialはスキップ
    • Dockerを使用してローカルにNGINXサーバをプロビジョニングする
    • 今回は良いやということでスキップ

Build Infrastructure - Terraform GCP Example

  • 個人のGCP環境使ってサービスアカウントなどを用意
  • Write configuration
    • main.tf に設定書いていく
    • terraform init でエラー
          Initializing the backend...
          
          Initializing provider plugins...
          - Finding hashicorp/google versions matching "3.5.0"...
          ╷
          │ Error: Incompatible provider version
          │
          │ Provider registry.terraform.io/hashicorp/google v3.5.0 does not have a package available for your current platform, darwin_arm64.
          │
          │ Provider releases are separate from Terraform CLI releases, so not all providers are available for all platforms. Other versions of this provider may have different platforms supported.
          ╵
      
    • darwin_arm64 のエラーなので M1 Mac 未対応
      • hashicorp/google の v3.63.0 から対応が入った
      • バージョンを書き換えたら正常に通った
    • terraform apply して環境構築成功

Change Infrastructure

  • 既に apply した設定を編集して再度 apply するチュートリアル
  • 編集差分が確認できて安心

Destroy Infrastructure

  • 構築した環境を削除するチュートリアル
  • terraform管理している環境がキレイに削除されて良い

Define Input Variables

  • デフォ値を設定して main.tf で利用できる

Query Data with Output Variables

  • apply 時に特定のデータだけ参照できるように設定できる
  • 複雑なインフラを構築するときに値を使いたい場合に活用

あとがき

terraform cli も v1.0.2 からM1 Mac対応のバイナリが配布されてる。

ログインするとコメントできます