Swift : コレクション(集合)を使う

2 min read読了の目安(約1800字 3

はじめに

以下の人を対象に書いています。

  • Swiftをあまり触ったことのない方
  • Setの使い方を知りたい方

環境

この記事の情報は以下のバージョンで動作確認しています。

  • Xcode 12.3 (12C33)
  • Swift 5.3.2

集合とは(Set)

順序を管理しないコレクションで、同じ型をユニークな値を格納します。
順序を意識しないユニークな値をコレクションで管理したい場合は、配列ではなく集合の方が適しています。

値を登録するには 型がHashableプロトコルに準拠している必要があります。Hashableプロトコルは整数のハッシュ値を提供し、一意なユニークな値として扱いたい場合に使用するプロトコルです。標準ライブラリの多くの型はデフォルトでHashableに準拠していますが、独自のクラスを使用する場合は準拠するようにしてください。

生成(空)

空の集合を生成する場合の実装例です。
変数の型を指定しなくても生成が可能です。

// 例1
var persons: Set<String> = Set<String>()

// 例2
var persons2: Set = Set<String>()

// 例3
var persons3 = Set<String>()

生成(初期値あり)

初期値を入れた集合を生成する場合の実装例です。
こちらも変数の型を指定しなくても生成が可能です。

// 例1
var persons4: Set<String> = ["Yamada", "Tanaka", "Okabe"] // 型指定あり

// 例2
var persons5: Set = ["Yamada", "Tanaka", "Okabe"] // 型指定なし

値を追加

集合に値を追加する場合の実装例です。
既に集合に追加してある値は重複して追加できません。

// "Suzuki"を追加
persons.insert("Suzuki")

値を削除

集合から指定した値を削除する場合の実装例です。

// "Suzuki"を削除
persons.remove("Suzuki")

繰り返し処理

繰り返して処理を行う場合の実装例です。

// 集合を生成
var persons: Set<String> = ["Yamada", "Tanaka", "Okabe"]

// 繰り返し処理
for person: String in persons {
   // デバッグ出力
   print(person)
}

値の存在確認

集合に追加した値が存在するかチェックする実装例です。

// 集合を生成
var persons: Set<String> = ["Yamada", "Tanaka", "Okabe"]

// "Kai"が存在するか取得
let isExist: Bool = persons.contains("Kai")

// デバッグ出力
print(isExist)

値の個数取得

集合に追加した値がいくつあるのか個数を取得する実装例です。

// 集合を生成
var persons: Set<String> = ["Yamada", "Tanaka", "Okabe"]

// 値の個数取得
let count: Int = persons.count

// デバッグ出力
print(count)

空かどうか取得

集合が空かどうか取得する実装例です。

// 集合を生成
var persons: Set<String> = ["Yamada", "Tanaka", "Okabe"]

// 空かどうか取得
let isEmpty: Bool = persons.isEmpty

// デバッグ出力
print(isEmpty)

最後に

今回はよく使う集合の使い方について解説しました。
昨日追加により新しい機能が追加された場合は、本記事に追記したいと思います。