😃

Python Django #2 ~ 環境構築と仕組みの理解 (path)

2022/10/13に公開約1,500字

前回

https://zenn.dev/issei_sub/articles/ccbc23ae2dac87

前提

htmlの基礎知識
pythonの関数や継承がなんとなくわかる
やるきとこんき
あらかじめファイルを作成(work_place)

環境構築

1 pythonをインストール
2 Vscodeをインストール((ライブラリを入れておくと楽 Prettierなど

3 仮想環境の作成(venv) 以下の通りに実行

3 % sudo apt install python3.8-venv
4 % python3 -m venv venv
5  ls(venvがインストールされていることを確認
6 % source venv/bin/activate
7 (venv)% と表示されるしくみは完成!

プロジェクトを始める

work_placeでターミナルを開く

# work_placeファイルがある階層で
cd work_place #work_placeに移動する
​
#環境を作成します
% mkdir project2  #project2ファイルを作成
% cd project2    #project2に移動
​
vs codeでproject2を開く
​
​
% python3 -m venv venv  ((エラーがでたらターミナルに表示されたコードを実行
% source venv/bin/activate  #venvを起動
(venv(以下省略)) % pip install django==3.2  #django3.2をインストール
​
# プロジェクト開始
​
% django-admin startproject helloworldproject (hellowroldprojectが作成
%  python3 manage.py runserver (サーバーを起動

以下のサイトを開いてみて
http://127.0.0.1
http://127.0.0.1/admin/
これらは初期から用意されているサイト
この仕組みがdjangoです

赤文字が出たら python manage.py migrate

番外編#1

ここから先は上記の解説とは全く関係ありません
わかりやすく教えるためにコードを書き換えていますが、
必ず元に戻してから行くように。


helloworldproject/helloworldproject/url.py を開く

urlpatterns = [
  path('admin',admin.site.urls),
]

というファイルを確認
意味: adminというpathをもらったらadmin.site.urlsを返すよということ
まだ実感湧きませんか?
ではadminをhelloにしてみてください

urlpatterns = [
  path('hello',admin.site.urls),
]

http://127.0.0.1/hello/
を実行 adminと同じ画面が表示されたはず
では
http://127.0.0.1/admin/
を実行するとどうなるのでしょうか
表示されませんね

このようにpathに指定されたものを返すという仕組みが理解できたと思います

次回

https://zenn.dev/issei_sub/articles/62516c3aa8ac92

Discussion

ログインするとコメントできます