🐈

【Firebase】deployがうまくいかない時の対処方法

2021/09/05に公開約1,700字

はじめに

  • 対象者
  • Firabaseの初心者向け
  • 大まかな流れ
  • Firebaseのデプロイコマンドである「firebase deploy」 を実施時のエラーの解決方法を記載する

1. 背景

ReactとFirebaseの学習時で、「create-react-app」で作成したアプリをFirebaseにデプロイを実施。
※「firebase init」はfirestore / functions / hostingを選択

2. エラー内容

「firebase deploy」コマンドでデプロイを実施した時、以下のエラーがターミナルで発生

ターミナル
✔  functions: Finished running predeploy script.
i  firestore: reading indexes from firestore.indexes.json...
i  cloud.firestore: checking firestore.rules for compilation errors...
✔  cloud.firestore: rules file firestore.rules compiled successfully
i  functions: ensuring required API cloudfunctions.googleapis.com is enabled...
i  functions: ensuring required API cloudbuild.googleapis.com is enabled...
⚠  functions: missing required API cloudbuild.googleapis.com. Enabling now...
✔  functions: required API cloudfunctions.googleapis.com is enabled

Error: HTTP Error: 400, Billing account for project 'xxxxxxxxxxxx' is not found. Billing must be enabled for activation of service(s) 'cloudbuild.googleapis.com,containerregistry.googleapis.com' to proceed.

3. 解決概要

Cloud FunctionsのNode.js対応バージョンは10 or 12(Blaze従量課金生)
そのため、現時点の解決方法はNode.jsのバージョンを下げる必要がある。
しかし、今後は使用できなくなる為、暫定的な対応になる。

公式引用

Node.js 8(2020 年 6 月 8 日に非推奨) Node.js 8 関数は、2020 年 2 月 15 日以降はデプロイできなくなります。すでにデプロイされている Node.js 8 関数は、2021 年 3 月 15 日をもって実行できなくなります。Node.js 8 ランタイムに関数をデプロイしている場合は、Node.js 10 ランタイムにアップグレードすることをおすすめします。

4. 解決方法

functions/package.jsonを修正する。

functions/package.json
  "engines": {
    "node": "8"
  }

5. 参考記事

Firebase 公式ドキュメント
stack overflow

Discussion

ログインするとコメントできます