📱

[Flutter]VS Codeで複数端末を同時にデバッグ

2022/02/07に公開

デバイスごとの挙動やレイアウトの差異を確認する際、vscodeからの実行ではなく
flutter run -d all
で実行して確認してましたが、流石に保存時の自動ホットリロードがないなど不便だったので、VS Codeでできないか調べてたら3年前くらいに対応してたので設定しました。

.vscode/launch.json を下記のように設定します。

{
    "version": "0.2.0",
    "configurations": [
		{
			"name": "Current Device",
			"request": "launch",
			"type": "dart"
		},
		{
			"name": "Pixel_4_API_30",
			"request": "launch",
			"type": "dart",
			"deviceId": "emulator-5554"
		},
		{
			"name": "Pixel_API_30",
			"request": "launch",
			"type": "dart",
			"deviceId": "emulator-5556"
		},
		{
			"name": "iPone_12",
			"request": "launch",
			"type": "dart",
			"deviceId": "28555B1B-18C6-4ED3-8C26-FCBAB39E0B68"
		},
	],
	"compounds": [
		{
			"name": "All Devices",
			"configurations": ["Pixel_4_API_30", "Pixel_API_30", "iPone_12"],
		}
	]
}

nameはよしなに決めていただいて、deviceIdは端末を接続、もしくはエミュレーター、シミュレーターを起動した状態で flutter devices を実行すれば確認できます。

これで All Devices を選択して実行すればconfigurationsに設定した端末すべてで実行されます。

参照
https://github.com/flutter/flutter/wiki/Multi-device-debugging-in-VS-Code

よろしければTwitterのフォローお願いします。
https://twitter.com/iori_eth

Discussion

ログインするとコメントできます