k0sをdockerで動かしてみる

2 min読了の目安(約2100字IDEAアイデア記事

k0sのニュースが出てたので試してみました。

環境

MacOS Catalina
Docker Desktop Version 2.4.0.0
k0s v0.7.0

手順

k0sをDockerで動かす方法は下記に書いてあります。
ていうか、この記事はこのチュートリアル通りのものです。

Dockerのリポジトリの問題で少し悩んだので書き残しておきます。

GithubのリポジトリのAccess Tokenの設定

GithubのリポジトリのTOKENを作成して、repositoryに対するアクセス権を作ります。


Access Tokenを環境変数に保存

~/.bash_profileに下記追加しました。

export GIT_TOKEN=***********
export GIT_USER=inunekousapon

余談なんですけど、TOKENの保存場所ってこんなところでいいのかな。

k0sコントローラの起動

docker.pkg.github.comにログインしてから実行します。

docker login https://docker.pkg.github.com -u $GIT_USER -p $GIT_TOKEN
docker run -d --name k0s --hostname k0s --privileged -v /var/lib/k0s -p 6443:6443 docker.pkg.github.com/k0sproject/k0s/k0s:v0.7.0

k0sワーカーをコントローラに参加させる

token=$(docker exec -t -i k0s k0s token create --role=worker)
docker run -d --name k0s-worker1 --hostname k0s-worker1 --privileged -v /var/lib/k0s docker.pkg.github.com/k0sproject/k0s/k0s:v0.7.0 k0s worker $token

Lens向けにconfigを出力する

docker exec k0s cat /var/lib/k0s/pki/admin.conf

このような文字列がでます。

apiVersion: v1
clusters:
- cluster:
    server: https://localhost:6443
    certificate-authority-data: ******
  name: local
contexts:
- context:
    cluster: local
    namespace: default
    user: user
  name: Default
current-context: Default
kind: Config
preferences: {}
users:
- name: user
  user:
    client-certificate-data: ****
    client-key-data: ****

出た文字列をクリップボードにコピーしておきます。

LensにClusterを登録する

Clusterを新しく作り、設定を追加します。

Lens Stableで表示してみる

Clusterが表示されてない…あれ…

Lens 4.0.0-Beta3で表示してみる

まとめ

Workerもエラーで失敗しているようで、まだ調査必要っぽい。