🤖

【Mac M1】Android Studioのインストール方法

2022/04/25に公開約1,400字

○はじめに

平素より大変お世話になっております。

Flutter導入に向けての第1弾として、Homebrewを用いたAndroid Studioのインストール方法についてメモがてら記載します。
導入自体は比較的...というか無茶苦茶簡単なので、入れたことない方でもお試しで入れると面白いかもしれません(笑)

また、本資料はMac M1向けとなります。
Intel製のMacを使用している場合、本資料を参考にすると不具合が発生する可能性がありますので、ご注意ください。
自身のPCが何製か調べる方法はこちらからどうぞ!

https://support.apple.com/ja-jp/HT211814

○使用機器

  • 型式:Mac Book Pro(2021)
  • CPU:10コア
  • GPU:16コア,16コアNeural Engine
  • RAM:16GB

1.導入方法

(1)Homebrewの導入

  • 下記コマンドを「Terminal」上にペースト、実行します。
Terminal
/bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/HEAD/install.sh)"

公式サイトはこちら↓

https://brew.sh/index_ja

※「Terminal」は「Launchpad」の検索で出てきます。

  • インストール完了後、「Terminal」上で下記コマンドを入力し、アンサーが表示されていればインストール完了です。
Terminal
brew -v
Homebrew 3.4.6 //OK!

(2)Android Studioの導入

  • 下記コマンドを「Terminal」上にペースト、実行します。
Terminal
brew install --cask android-studio
  • インストール完了後、「Launchpad」上にAndroid Studioがあれば導入完了です。

2.補足事項

(1)Android Studioの日本語化

  • 下記サイトが一番分かりやすくまとめられています。

https://cbtdev.net/android-studio-japanese/

(2)Flutterとの連携

  • まとめ中、完了後記載予定

3.まとめ

正直Homebrewに対応していれば、この辺りの導入は楽ですね!
スマートフォンアプリ開発で使われていますが、VSCodeとどちらが使い勝手がいいかはこれから比較して確認してみたいです!

4.参考文献

https://flutter-master.com/flutter-start/build-environment-homebrew/
https://formulae.brew.sh/cask/android-studio
https://cbtdev.net/android-studio-japanese/

Discussion

ログインするとコメントできます