ASUS EeeBook X205TAにUbuntu Cinnamon Remix 20.04 LTSをインストールする

公開:2021/02/04
更新:2021/02/04
4 min読了の目安(約3800字TECH技術記事

はじめに

これは単なる読み物です。実際にやってみるのはおすすめしません。

ASUS EeeBook X205TAとは

ASUS EeeBook X205TAは軽量でバッテリーの持ちがよくて安価だけどスペックがしょぼいノートパソコンです。たぶんタブレット端末全盛期の頃に発売されたものです。

ハードウェア的に気をつけるところはメモリーが2GiBしかないことと、ブートローダーが32bit UEFIである必要があることです。

Ubuntu Cinnamon Remixとは

Ubuntu Cinnamon Remixはその名のとおりデスクトップ環境をCinnamonにしたUbuntuのRemixです。そろそろ公式フレーバーになるかも知れません。今回使用するのは20.04 LTSとします。Ubuntu Weekly Recipe 第618回 Ubuntu Cinnamon Remixを使用するも併せてご覧ください。

特徴は前述のとおりデスクトップ環境をCinnamonにしたことと、インストーラーにCalamaresを採用したことです。あまり詳しくないのですが、Calamaresには32bit UEFIのブートローダー(/EFI/boot/bootia32.efi)が含まれるようで、X205TAでもブートできます。

インストール

インストールイメージをUSBメモリーにコピーしてX205TAに挿入し、ブートします。デスクトップにあるインストールアイコンをダブルクリックすると無情なメッセージが表示されます。

メモリーが足りない旨のメッセージ

メモリーが2GiBあるにも関わらず足りないと表示されるのは、おそらくVRAMの分がメインメモリーから引かれており、2GiB分を認識しないからだと思います。

必要なメモリー容量はLinuxディストリビューション毎に違うので、汎用インストーラーであればパラメーターとしてどこかに保存しているのかなと思って調べてみたら、/etc/calamares/modules/welcome.conにありました。requiredRam: 2.0requiredRam: 1.5とかに変更し、インストーラーを再起動するとメモリーチェックをパスできます。

「requiredRam: 2.0」を「requiredRam: 1.5」に変更した

メモリー容量チェックのエラーがなくなった

あとは普通にインストールします。

インストールの最終段階でもエラーが表示されます。

表示されるエラー

grub-efi-ia32パッケージがないというエラーで、Ubuntu Cinnamon Remixでは32bit UEFIには非対応ということです。パッケージが足りないなら足してやればいいということで、このエラーメッセージを表示したまま(ここがポイント)端末を起動します。

mountコマンドを実行し、/etc/mmcblklp2のマウント先を確認してください。そのフォルダーに対してchrootコマンドを実行します。例えば次のような感じです。

$ sudo chroot /tmp/calamares-root-x4n_n_pv/

chroot内では/etc/apt/sources.listを編集してapt lineを追加してください。具体的には次の2行を追加してください。

deb http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ focal main restricted universe
deb http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ focal main-updates restricted universe

続けて次のコマンドを実行してください。

# apt update
# apt install grub-efi-ia32
# grub-install --efi-directory=/boot/efi
# update-grub
# exit

端末を終了し、エラーメッセージを閉じて再起動してください。

初期設定

まず/etc/apt/sources.listは先程修正したとおりのままになっているので、適切に修正してください。どこかで動かしているものをコピーするのがいいでしょうが、編集する場合は次のようにしてください。

deb http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ focal main restricted universe multiverse
#deb-src http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ focal main restricted universe multiverse

deb http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ focal-updates main restricted universe multiverse
#deb-src http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ focal-updates main restricted universe multiverse

deb http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ focal-security main restricted universe multiverse
#deb-src http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ focal-security main restricted universe multiverse

deb http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ focal-backports main restricted universe multiverse
#deb-src http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ focal-backports main restricted universe multiverse

編集後はsudo apt updateコマンドを実行してください。

あとは言語サポート(language-support)を起動して日本語を追加してください。既存の言語を削除すると面倒なことになるのでそのままにしておくのがいいでしょう。

気づいたこと

どうもubuntucinnamon-layoutパッケージには問題があり、インストールするとシステムがぶっ壊れますのでお気をつけください。ってどうやって気をつければいいのかはよくわかりませんが。

使用感

システム情報

使用感なんていいわけがありません。システム情報を見ても頭を抱えるのみです。

eMMCは非常に遅く、これより速いHDDはいくらでもあります。流石にアクセスタイムは速いですが。

ベンチマーク

メモリーの消費量はどうでしょうか。Firefoxを起動した時点でのシステムモニターを見てみました。

システムモニター

非常に厳しい!!

こんなに頑張っても原稿の執筆に使えるかどうかも怪しいですね。