🔖

docker-compose を用いて Apache・PHP・MySQL の開発環境を構築してみた

2021/12/25に公開約12,600字

はじめに

docker-compose を用いて Apache・PHP・MySQL の開発環境を構築してみた備忘録になります。

構成図

ddd.png

GitHub にもあげました。ご参考まで。

できたこと

以下を自動化する docker-compose の開発環境構築を行いました。

  • DocumentRoot の変更
  • php.ini の変更
  • my.cnf の変更
  • MySQL への初期データの投入
  • MySQL のデータの永続化
  • PHP-Apache コンテナから MySQL コンテナへの疎通

つまり、これらの環境がワンライナーで構築できるようになりました。

バージョン情報

docker-compose はインストールされていることが前提になります。
今回は以下のバージョンでの動きになります。

$ docker-compose -v
docker-compose version 1.26.2, build eefe0d31

PHP のバージョンは 5.4、MySQL のバージョンは 5.5 の環境を構築します。
Apache のバージョンは特に気にしていません。

ディレクトリ構造

ディレクトリ構造は以下のようになります。

.
├── config
│   ├── mysql
│   │   ├── Dockerfile
│   │   ├── initdb.d
│   │   │   └── init.sql
│   │   └── my.cnf
│   └── php
│       ├── Dockerfile
│       ├── apache2.conf
│       ├── php.ini
│       └── sites
│           ├── 000-default.conf
│           └── default-ssl.conf
├── data
├── docker-compose.yml
└── html
    └── test
        ├── connect.php
        └── index.php

設定

各サービスに以下のような設定ファイルがそれぞれあると思いますが、それらを変更したものを動かしたいと思います。

Apache の設定

今回は DocumentRoot を変更してみます。

公式ドキュメント をみると以下のように Dockerfile を記述することで DocumentRoot を変更できるようです。

<img width="1181" alt="b.png" src="https://qiita-image-store.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/0/259125/723a16cf-4c9c-a0b5-889b-421886f715e4.png">

いろいろな記事をみるとコンテナから 000-default.conf などの設定ファイルをホスト側にもってきてそれを修正した後、Dockerfile の COPY でコンテナ側にコピーするようでした。

やはり公式ドキュメントをみるのが一番ですね。

公式ドキュメントのように行ったらコンテナが再起動ループに陥ってしまいました。

※ 理由をよく調べたら php:5.5-apache 以降であればそれでよかったらしいです。

なので、php:5.4-apache のイメージからコンテナを立ち上げて、元ファイルをホスト側にコピーして、それを編集することにしました。

# とりあえず php:5.4-apache のコンテナを動かしてログインする
$ docker image pull php:5.4-apache
$ docker container run --name php54apache -d php:5.4-apache
$ docker exec -it php54apache /bin/bash

# 設定ファイルを確認 ( php:5.4-apache 以前は apache2.conf の修正も必要)
$ ls /etc/apache2/apache2.conf
httpd.conf

$ ls /etc/apache2/sites-available
000-default.conf  default-ssl.conf

# コンテナを抜ける
$ exit

# ホスト側にコピー
$ docker container cp php54apache:/etc/apache2/apache2.conf ./config/php
$ docker container cp php54apache:/etc/apache2/sites-available/000-default.conf ./config/php/sites
$ docker container cp php54apache:/etc/apache2/sites-available/default-ssl.conf ./config/php/sites

これらの apache2.conf000-default.confdefault-ssl.conf に記述してある DocumentRoot を変更します。

今回は以下のように変更しました。

# DocumentRoot /var/www/html
DocumentRoot /var/www/html/test

これで DocumentRoot の変更の準備は完了です。

PHP の設定

PHP は php.ini によって設定を行います。

公式ドキュメント をみると以下のように記述することで php.ini を指定するらしいです。

<img width="766" alt="a.png" src="https://qiita-image-store.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/0/259125/d9576ccb-7260-6052-312c-d5dcd5218f9d.png">

しかし、コンテナを立ち上げてログインしてみても、 php.ini-developmentphp.ini-produciton のようなファイルは存在しませんでした。

おそらく Apache の設定でもそうであったように公式のドキュメントは過去のバージョンまで挙動は保証していないようです。

サンプルにあるような php:7.4-fpm-alpine ならそれで良さそうですね。

今回は php.ini-developmentphp.ini-produciton については GitHub で公開してあったのでそちらの php.ini-development を元に php.ini を作成することにしました。

php.ini の修正についてはこちらを参照して、ロケーションや言語の設定を修正しました。

MySQL の設定ファイルの変更

MySQL の設定ファイルは my.cnf によって行います。

MySQL の設定ファイルの my.cnf は 公式ドキュメント によると /etc/mysql/my.cnf に配置してあるとのことでした。

<img width="1223" alt="c.png" src="https://qiita-image-store.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/0/259125/80c28a39-3ae3-6d20-352e-ca670694e281.png">

なのでそちらをローカルホストに持ってきて、適宜修正していきたいと思います。

# とりあえず mysql:5.5 のコンテナを動かしてログインする
$ docker image pull mysql:5.5
$ docker container run -e MYSQL_ROOT_PASSWORD=sample_pw --name mysql55 -d mysql:5.5
$ docker exec -it mysql55 /bin/bash

# /etc/mysql/my.cnf を確認
$ ls /etc/mysql/my.cnf
/etc/mysql/my.cnf

# コンテナを抜ける
$ exit

# my.cnf をホスト側にコピー
$ docker container cp mysql55:/etc/mysql/my.cnf ./config/mysql/

あとは環境に合わせて修正して、my.cnf を作成してください。

※ ちなみに今回は my.cnf の修正は行っていません。

Dockerfile の作成

Dockerfile は php:5.4-apachemysql:5.5 のイメージについて作成しました。

php:5.4-apache

config/php/Dockerfile
# image
FROM php:5.4-apache

# Set php.ini
COPY ./php.ini /usr/local/etc/php/

# Set apache conf (Before tag:5.4-apache)
COPY ./apache2.conf /etc/apache2/
COPY ./sites/*.conf /etc/apache2/sites-available/

# Set apache conf (After tag:5.5-apache)
# ENV APACHE_DOCUMENT_ROOT /var/www/html/test
# RUN sed -ri -e 's!/var/www/html!${APACHE_DOCUMENT_ROOT}!g' /etc/apache2/sites-available/*.conf
# RUN sed -ri -e 's!/var/www/!${APACHE_DOCUMENT_ROOT}!g' /etc/apache2/apache2.conf /etc/apache2/conf-available/*.conf

# Install MySQL connection module
RUN apt-get update \
  && apt-get install -y libpq-dev \
  && docker-php-ext-install pdo_mysql pdo_pgsql mysqli mbstring

ここでは「DocumentRoot の変更」、「php.ini の配置」、「MySQL と疎通するためのモジュールを追加」しています。

mysql:5.5

config/mysql/Dockerfile
# image
FROM mysql:5.5

# Set my.cnf
COPY ./my.cnf /etc/mysql/conf.d/

# Set Japanese
RUN apt-get update && apt-get install -y \
  locales \
  && apt-get clean \
  && rm -rf /var/lib/apt/lists/*
RUN sed -i -E 's/# (ja_JP.UTF-8)/\1/' /etc/locale.gen \
  && locale-gen
ENV LANG ja_JP.UTF-8
CMD ["mysqld", "--character-set-server=utf8", "--collation-server=utf8_unicode_ci"]

デフォルトのままであると MySQL にログインした後に日本語の入力ができなかったため、ここでは日本語を入力可能にするような設定をおこなています。

MySQL の日本語の設定は こちら を参照しました。

MySQL の初期データの投入

docker-compose 起動時に MySQL に初期データを投入してみたく、以下のような SQL を用意しました。

init.sql
DROP TABLE IF EXISTS sample_table;

CREATE TABLE sample_table (
    id INT NOT NULL AUTO_INCREMENT PRIMARY KEY,
    name TEXT NOT NULL
) charset=utf8;

INSERT INTO sample_table (name) VALUES ("太郎"),("花子"),("令和");

コンテナ起動後にここで記述した SQL が実行されていることを確認します。

docker-compose.yml の作成

以下のように docker-compose.yml を作成しました。

docker-compose.yml
version: '3.8'

services:

  # PHP Apache
  php-apache:
    build: ./config/php
    ports:
      - "8080:80"
    volumes:
      - ./html:/var/www/html
    restart: always
    depends_on:
      - mysql

  # MySQL
  mysql:
    build: ./config/mysql
    ports:
      - 3306:3306
    volumes:
      - ./config/mysql/initdb.d:/docker-entrypoint-initdb.d
      - ./data:/var/lib/mysql
    restart: always
    environment:
      MYSQL_ROOT_PASSWORD: sample_root_passward
      MYSQL_DATABASE: sample_db
      MYSQL_USER: sample_user
      MYSQL_PASSWORD: sample_pass

MySQL のデータの永続化について

MySQL のデータディレクトリは /var/lib/mysql であり、 - ./data:/var/lib/mysql とあるようにホスト側の ./data ディレクトリにマウントすることによってデータを永続化しております。

試してみたところ docker-compose stopdocker-compose down してもデータが永続化されていることが確認できました。

docker-compose 使い方

いよいよ docker-compose を動かします。

docker-compose 起動

まずはなにも起動されていないことを確認します。

$ docker-compose ps
Name   Command   State   Ports
------------------------------

$ docker container ls
CONTAINER ID        IMAGE               COMMAND             CREATED             STATUS              PORTS               NAMES

今回はわかりやすいようにコンテナも空の状態にしておきます。

docker-compose.yml が存在する階層で docker-compose up -d コマンドを実行することで、docker-compose.yml の記述をもとにコンテナが作成されます。

※ docker-compose のコマンドの buildup の違いやオプションについてはこちらがわかりやすかったです。

# image の作成
$ docker-compose build --no-cache
Successfully tagged docker-compose-sample_php-apache:latest

# コンテナの構築・起動
$ docker-compose up -d
Creating network "docker-compose-sample_default" with the default driver
Creating docker-compose-sample_mysql_1 ... done
Creating docker-compose-sample_php-apache_1 ... done

# docker-compose の確認
$ docker-compose ps
               Name                            Command             State           Ports
-------------------------------------------------------------------------------------------------
docker-compose-sample_mysql_1        docker-entrypoint.sh mysqld   Up      0.0.0.0:3306->3306/tcp
docker-compose-sample_php-apache_1   apache2-foreground            Up      0.0.0.0:8080->80/tcp

# コンテナの確認
$ docker container ls
CONTAINER ID        IMAGE                              COMMAND                  CREATED             STATUS              PORTS                    NAMES
26b0cec2daad        docker-compose-sample_php-apache   "apache2-foreground"     3 minutes ago       Up 3 minutes        0.0.0.0:8080->80/tcp     docker-compose-sample_php-apache_1
eaae044f4bba        mysql:5.5                          "docker-entrypoint.s…"   3 minutes ago       Up 3 minutes        0.0.0.0:3306->3306/tcp   docker-compose-sample_mysql_1

コンテナが動いていることが確認できました。

PHP-Apache コンテナの確認

DocumentRoot の直下に配置する、php:5.4-apache コンテナの疎通確認用のページとして以下のようなファイルを用意しました。

html/test/index.php
<?php
echo  __DIR__;
phpinfo();

http://localhost:8080 にアクセスすると以下のように表示されるはずです。

echo __DIR__; はその PHP ファイルが置かれている絶対パスを出力するので DocumentRoot の変更が行われていることが確認できます。

また、php.ini についてオリジナルものから修正を加えていれば、phpinfo(); の出力でそちらも反映されていることも確認できるかと思います。

<img width="692" alt="f.png" src="https://qiita-image-store.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/0/259125/44a69daa-0557-a852-061b-e92e8fd7250b.png">

MySQL コンテナの確認

mysql:5.5 のイメージで作成されたコンテナにログインして、初期データが投入されていることを確認します。

shell
# コンテナにログイン
$ docker exec -it eaae044f4bba /bin/bash

# MySQL にログイン
$ mysql -p
Enter password:

パスワードを求められるので docker-compose.yml で MYSQL_ROOT_PASSWORD の環境変数に登録した sample_root_passward と入力するとログインできます。

docker-compose.yml に登録した MYSQL_DATABASEMYSQL_USER が登録されていることを確認します。

mysql> select user, host from mysql.user;

+-------------+-----------+
| user        | host      |
+-------------+-----------+
| root        | %         |
| sample_user | %         |
| root        | localhost |
+-------------+-----------+
3 rows in set (0.00 sec)

mysql> show databases;
+--------------------+
| Database           |
+--------------------+
| information_schema |
| mysql              |
| performance_schema |
| sample_db          |
+--------------------+
4 rows in set (0.00 sec)

sample_usersample_db があることが確認できました。

続いて init.sql で作成したテーブルとカラムについても確認してみます。

mysql> use sample_db;
Database changed

mysql> show tables;
+---------------------+
| Tables_in_sample_db |
+---------------------+
| sample_table        |
+---------------------+
1 row in set (0.00 sec)

mysql> select * from sample_table;
+----+--------+
| id | name   |
+----+--------+
|  1 | 太郎 |
|  2 | 花子 |
|  3 | 令和 |
+----+--------+
3 rows in set (0.00 sec)

テーブルとカラムについても問題なく確認できました。

PHP-Apache から MySQL コンテナへの疎通確認

PHP-Apache から MySQL コンテナへの疎通確認用のページとして以下のようなファイルを用意しました。

html/test/connect.php
<?php
try {
    // host=XXXの部分のXXXにはmysqlのサービス名を指定します
    $dsn = 'mysql:host=mysql;dbname=sample_db;';
    $db = new PDO($dsn, 'sample_user', 'sample_pass');

    $sql = 'SELECT * FROM sample_table;';
    $stmt = $db->prepare($sql);
    $stmt->execute();
    $result = $stmt->fetchAll(PDO::FETCH_ASSOC);
    var_dump($result);
} catch (PDOException $e) {
    echo $e->getMessage();
    exit;
}

※ 注意点として、ホスト名は localhost127.0.0.1 ではなく、docker-compose.yml でサービス名として指定してた mysql を使用します。

http://localhost:8080/connect.php にアクセスすると以下のように表示されればが PHP-Apache から MySQL コンテナへの疎通がうまく行っています。

<img width="747" alt="g.png" src="https://qiita-image-store.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/0/259125/303bce94-ad40-d217-f926-c4c173118d5c.png">
さきほど、初期投入されたデータが確認できますね。

docker-compose 停止・削除

以下のコマンドで 停止・削除 を行います。

# コンテナを停止
$ docker-compose stop

# コンテナを停止し、そのコンテナとネットワークの削除
$ docker-compose down

# コンテナを停止し、そのコンテナとネットワークを削除、さらにイメージも削除
$ docker-compose down --rmi all --volumes

./config/mysql/initdb.d/init.sql の初期データ投入からやり直したい時などは docker-compose down --rmi all --volumes してから ./data ディレクトリの中身も削除して docker-compose up -d でコンテナの構築・起動からやり直してください。

まとめ

以下を自動化する docker-compose の開発環境構築を行いました。

  • DocumentRoot の変更
  • php.ini の変更
  • my.cnf の変更
  • MySQL への初期データの投入
  • MySQL のデータの永続化
  • PHP-Apache コンテナから MySQL コンテナへの疎通

つまり、これらの環境がワンライナーで構築できるようになりました。

学んだこと

今回初めて docker-compose で開発環境を構築してみて学んだことを羅列します。

  • 公式ドキュメント(DockerHub)は読んだ方がいい
    • Qiita よりも DockerHub を先に見た方がよさそうです。
  • docker-compose.yml と Dockerfile は書き分ける
    • 一度変更すればコンテナ起動後に変更のない設定ファイルなどは Dockerfile で COPY でコンテナ側にファイルを配置して、コンテナ起動後に変更のあるものは docker-compose.yml でマウントさせるという書き分けがよさそうです。
  • Dockerfile をいきなり書くのは難しい
    • 以下の手順で Dockerfile を書くと良いです。
      • ベースイメージを決める
      • ベースイメージのコンテナ内で作業しつつ、うまくいった処理をメモ
      • 全て成功したらDockerfileを作成

以上になります。

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます