Chapter 14

見た目を変更する

ikuma-t
ikuma-t
2021.10.01に更新

エディタの見た目を変える(スイッチャー経由):Quick Switch Scheme( + `)

このChapterではRubyMineの見た目を変える方法について紹介します。

紹介する機能を利用する際に、共通でクイックスイッチャーを利用すると便利です。

+ `)を入力すると、エディタの見た目に関するクイックスイッチャーが開きます。
以降クイックスイッチャーという場合には、この画面を開くことと読み替えてください。

テーマを変更する

クイックスイッチャーからThemeを選択することで、インストールされているテーマを切り替えることができます。

使用できるテーマはプラグインとしてインストールできますので、MarketPlaceで「theme」と検索してお好みのテーマを探してみてください。

背景画像を設定する

エディタに表示されている背景画像を表示することができます(このChapterはわかりやすいように、背景画像を変更しています)。

Preferences( + ,) > Appearance & Behaviour > Appearance のUI Optionsというセクションに「BACKGROUND IMAGE」というボタンがあるので、これを選択します。

「Image:」に画像を指定することで、その画像を背景に表示することができます。
どこまで画像を表示するか、透過度をどうするか、配置をどうするか、など細かい設定もできるので、お好みで設定してみてください。

フルスクリーンモード:Enter Full Screen( + + F

+ + F)を入力することで、フルスクリーンモードの切り替えができます。
もしくはクイックスイッチャーを開き、View Modeから Enter Full Screenを選択することでも切り替え可能です。

集中モード:Enter Distraction Free Mode

クイックスイッチャー > View Mode > Enter Distraction Free Mode を選択することで、集中モードに切り替えることができます(元に戻す場合は逆操作を行います)。

このモードではエディタだけが表示され、他のツールウィンドウはタブを含めてすべて非表示になります。
ただし、ショートカットを利用することで、各ウィンドウを開くことは可能です。

Zenモード:Enter Zen Mode

クイックスイッチャー > View Mode > Enter Zen Mode を選択することで、禅モードに切り替えることができます。

このモードは集中モードをフルスクリーンモードで表示したものになります。
そのため元に戻す場合は、集中モードの解除とフルスクリーンモードの解除を行います。

プレゼンテーションモード:Enter Presentation Mode

クイックスイッチャー > View Mode > Enter Presentation Mode を選択することで、プレゼンテーションモードに切り替えることができます。

このモードは全画面表示に加えて、フォントサイズを拡大し、画面共有時にRubyMineの操作が見えやすくなるようにします。

なおプレゼンテーションモード表示におけるフォントサイズを変更するには、
Preferences( + ,) > Appearance & Behaviour > Appearance のPresentation ModeセクションにあるFontSizeを変更します。

フォントサイズを変更する

エディタのフォントサイズを変更するには、Preferences( + ,) > Editor > Color Scheme > Color Scheme Fontを開き、Sizeを変更します。
これはエディタ上のフォントサイズの設定であるため、コンソール上のフォントサイズも変更する場合は、ツリー上でColor Scheme Fontの下にあるConsole Fontから同様に設定します。