📚

iOSアプリの中国での販売促進はどうしたらいいのだ?

1 min read

iOSアプリを作ったさいに、「中国人はiPhoneを持っている人が多いし、若い人もけっこうお金に余裕があるので、かなり販売数が見込めるのではないか」と考えたのです。で、中国人の友人に簡体字版の翻訳をアルバイトでやってもらって、無事AppStoreに登録したわけですが、これがもうさっぱり売れない、それどころかAppStoreでの閲覧すらほとんどゼロという状況。
 この状況を打開するべく、中国での販促活動を検討したのですが、想像以上に困難であることがわかりました。

  • GoogleでSEO
     なにか調べるとき、とりあえずググるわけですが、中国は金盾という国家レベルのFirewallがありGoogleはさっぱり使えません。というわけで、Googleは除外。
  • AppStoreのSearch Ads
     AppStore上で検索した際のキーワードに応じて自分のアプリを検索上位に持っていってくれるというサービスです。しかし、なぜか中国AppStoreは対応していない。これも除外だ。
  • 百度でSEO
     やはり中国の検索サービスといえば百度をおいて他にありません。金盾の向こう側で絶大な勢力を誇る百度。中国共産党は大嫌いですが、商売のためなら百度を利用するのもありですよ。
     が、しかし、なんと、百度について調べてみると、検索サイトに自分の情報を載せるためには、
     1. 中国現地法人、もしくは香港サーバーのWEBサイトが必須
     2. 中国工信部にWEBサイト登録申請を提出し、登録番号をもらう
       さすがは中国共産党、情報規制に抜かりはありません。
     3. 百度にWEbサイトの情報を登録申請
     これはいくらなんでも敷居が高すぎる。

というわけで、私が中国国内で自分のiOSアプリの販促をするためには、中国で法人を設立して、中国か香港のサーバーでWEBサイトを立てて、百度に自社WEBサイト情報を登録することが必要なようです。
はい、私の考えが甘かったんです。バカですね。
私のようなおバカさん向けに中国国内での販促をしてくれるサービス会社もあるようですが、安くても一月5万円ほどかかるよう、現状ではとても無理。

なんかいい手を知っている方いらっしゃったら、哀れな個人アプリ制作者に教えてやってください。

Discussion

ログインするとコメントできます