📛

Firebase Emulator のセキュリティルール設定でハマったポイント

3 min read

前提条件

以下の環境及びバージョンで動作確認しています

  • firebase-tools: v9.5.0
  • firebase-database-emulator: v4.7.2
  • 上記を Docker コンテナにインストールして curl で動作確認
Dockerfile
FROM openjdk:11-jre-slim

RUN apt-get update && apt-get install -y wget
RUN wget -O firebase https://firebase.tools/bin/linux/latest \
    && chmod u+x ./firebase \
    && mv firebase /usr/local/bin

EXPOSE 9000
ENTRYPOINT ["firebase", "emulators:start"]

Emulator の Realtime Database インスタンスを切り替える方法

エンドポイントに ns クエリパラメータを付与することでインスタンスを切り替えられます。 [1]

http://localhost:9000/path/to/my/data.json?ns=<database_name>

セキュリティルールが適用される先は 1 インスタンスのみ

Emulator の Realtime Database にセキュリティルールを設定する際は firebase.json でセキュリティルールを記述したファイルを指定します。 [2]
しかし、ここで指定したセキュリティルールは 1 インスタンスのみ 適用されます。
具体的には、<project-name>-default-rtdb にのみ適用されます。

つまり、

  • Emulator の Realtime Database のエンドポイントが http://localhost:9000/
  • Project name が example のとき
Endpoint セキュリティルール
http://localhost:9000/.json?ns=example-default-rtdb 適用される
http://localhost:9000/.json?ns=example 適用されない
http://localhost:9000/.json 適用されない

となります。

実際にセキュリティルールが適用されているデータベース名が知りたい

Emulator のログを確認すると良いです。
Emulator 起動中に読み込まれたセキュリティルールのファイルを更新すると、 Emulator はセキュリティルールを再適用してくれます。
この際、セキュリティルールが適用されたデータベース名が表示されます。
以下のログが出た場合、 example-default-rtdb にセキュリティルールが適用されています。

i  database: Change detected, updating rules for example-default-rtdb...
✔  database: Rules updated.

インスタンスごとのセキュリティルールを確認する方法

Emulator の Realtime Database のセキュリティルールを確認する際は、 owner を管理者トークンとして渡す必要があります。 [3]
これは以下のどちらかの方法で渡せば OK です。

  • access_token クエリパラメータで渡す [4]
$ curl -X GET 'http://localhost:9000/.settings/rules.json?access_token=owner'
{
    "rules": {
        ".read": true,
        ".write": true
    }
}
  • Authorization ヘッダーで Bearer token として渡す
$ curl -X GET 'http://localhost:9000/.settings/rules.json' \
       -H 'Authorization: Bearer token'
{
    "rules": {
        ".read": true,
        ".write": true
    }
}

まとめ

  • Emulator の Realtime Database でセキュリティルールが適用されるインスタンスは <project-name>-default-rtdb
  • インスタンスごとのセキュリティルールを確認する際は、 owner を管理者トークンとして渡す
    • access_token クエリパラメータ、または Authorization ヘッダに Bearer token として渡す
脚注
  1. https://firebase.google.com/docs/rules/unit-tests#interacting_with_the_emulator ↩︎

  2. https://firebase.google.com/docs/emulator-suite/install_and_configure#security_rules_configuration ↩︎

  3. https://firebase.google.com/docs/rules/unit-tests#differences_between_the_emulator_and_production ↩︎

  4. https://firebase.google.com/docs/database/rest/app-management ↩︎