📝

Fritzing を Windows(11) でビルド

2022/12/13に公開約5,300字

ブレッドボードの配線をつくる必要ができたので、Fritzing を使おうと思ったのですが、ダウンロードに €8 必要になったみたいです。機能の拡張やバグの修正などの費用ですので,本格的に使うときには払いましょう。

ソースコード(fritzing/fritzing-app: Fritzing desktop application)と構築手順(1. Building Fritzing · fritzing/fritzing-app Wiki)が公開されていますが、main(0.9.10 相当?)ブランチは、その手順で構築できなかったのでメモを残して置きます。

また、下記のサイトも参考にしています。
https://siytek.com/build-fritzing-windows/

1. 下準備

前提

Git for Windows7-Zip がインストール済みとします。

Visual Studio 2022

Visual Studio Tools のダウンロード - Windows、Mac、Linux 用の無料インストール から適切なライセンスのバージョンをダウンロードしてインストールします。私は、個人的に使用するので コミュニティ をダウンロードします。

VisualStudioSetup.exe を実行して Visual Studio 2022 を下記のオプションにチェックを入れてインストールします.

  • C++ によるデスクトップ開発 にチェックを入れる
  • Python が必要になるので、インストールしてなければ、Python 開発 → Python 3 64-ビット(2.9.7) にチェックを入れる

Qt

Download Qt: Get Qt Online Installer からオンラインインストーラーをダウンロードします。

qt-unified-windows-x64-4.5.0-online.exe を実行してインストールします(バージョン番号 4.5.0 はダウンロード時期によって変更されます)。

  • Qt アカウント を作成します
  • インストールフォルダC:\Programs\Qt に変更します
  • コンポーネント の選択で,Qt → Qt 5.15.2 → MSVC2019 64-bit にチェックを入れる

2. 必要なライブラリの準備

作業するマルチバイト文字や空白のないフォルダを作成します。ここでは、C:\src\Fritzing としています。

boost

Boost Downloads から Current Release の zip をダウンロードして C:\src\Fritzing に展開します(ここでは,boost_1_80_0.zip)。

libgit2

Releases · libgit2/libgit2 から最新版の zip をダウンロードして C:\src\Fritzing に展開します(ここでは,libgit2-1.5.0.zip)。

展開してできた、libgit2-1.5.0libgit2 に変更します。

スタートメニューから Developer Command Prompt for VS2022 を起動して下記コマンドを実行します。

【Dev CMD】
cd c:\src\Fritzing\libgit2
mkdir build64
cd build64
cmake ..
cmake --build . --config Release

quazio

Releases · stachenov/quazip から最新版をダウンロードして。C:\src\Fritzing に展開します(ここでは,quazip-1.3.zip)。

Developer Command Prompt for VS2022 で作業します。

【Dev CMD】
cd ..\quazip-1.3
set Qt5_dir=C:\Programs\Qt\5.15.2\msvc2019_64
mkdir build64
cmake -S . -B build64 -D QUAZIP_USE_QT_ZLIB=ON -D CMAKE_INSTALL_PREFIX=..\quazip_qt5
cmake --build build64 --config Release
cmake --build build64 --config Release --target install
cd ..

スタートメニューから Git Bash を起動して下記コマンドを実行します。

【Git Bash】
cd /c/src/Fritzing/
rm -rf quazip-1.3
cd quazip_qt5/
mv include/QuaZip-Qt5-1.3/quazip include/
rm -r include/QuaZip-Qt5-1.3/
mkdir build64
mv lib build64/Release

ngspice

ngspice - Browse /ng-spice-rework/38 at SourceForge.net
から ngspice-38_dll_64.zip をダウンロードして、C:\src\Fritzing に展開します。

Git Bash で作業します。

【Git Bash】
cd /c/src/Fritzing/
mkdir ngspice
mv Spice64_dll ngspice/src

3. Fritzing の構築

Clone the Fritzing Source

Git Bash で作業します。

【Git Bash】
cd /c/src/Fritzing/
git clone https://github.com/fritzing/fritzing-app.git
cd fritzing-app/
git switch main

不足ファイルの生成

Compiling error ui_fabuploaddialog.h - developers - fritzing forum の手順を実行します。

Developer Command Prompt for VS2022 で作業します。

【Dev CMD】
cd c:\src\Fritzing\fritzing-app
C:\Programs\Qt\5.15.2\msvc2019_64\bin\qmake.exe -o Makefile phoenix.pro "QMAKE_TARGET.arch=x86_64"

C:\Programs\Qt\Tools\QtCreator\bin\jom\jom.exe -f Makefile.Debug compiler_uic_make_all
copy /y ..\debug64\*.h .\

Fritzing をビルド

Developer Command Prompt for VS2022 で作業します。

【Dev CMD】
nmake release

C:\src\Fritzing\release64Fritzing.exe が作成されます。

Fritzing のパッケージを作成

DLL やパーツを含めた他の環境でも実行できるパッケージを作成します。パッケージを作成するスクリプト tools/release_fritzing.bat に準備されているので利用します。

"C:\src\Fritzing\fritzing-app\tools に下記内容で diff.patch を作成します。

Git Bash で作業します。

【Git Bash】
cd /c/src/Fritzing/fritzing-app/tools
patch diff.patch 

Developer Command Prompt for VS2022 で作業します。

【Dev CMD】
cd c:\src\Fritzing\fritzing-app\tools
release_fritzing.bat 0.9.10 64 2019

c:\src\Fritzing\release64fritzing-0.9.10.windows.64.zip が作成されます.

fritzing-0.9.10.windows.64.zip を展開して、Fritzing.exe を実行して動作を確認します。

4. 最後に

備忘録のつもりでメモしているのすが,手順が抜けているかもしれません。うまくいかない場合は、適宜対応してください。

最新バージョンを使いたい方は、素直に €8 払うことをおすすめします。

Discussion

ログインするとコメントできます