Closed9

[コマンドリスト] bgコマンドについて

実行手順

①フォアグラウンドで実行しているジョブをCtrl+Zで一時停止させる(Ctrl+Cでジョブを終了することができる)
②bgコマンド実行すると、バックグラウンドで実行できる。

バックグラウンドで実行するジョブを停止するには、TERMシグナルを送る必要がある。
具体的には

kill プロセスID

または

kill -SIGTERM プロセスID
kill -15 プロセスID

TERMシグナルでも終了してくれない暴走プロセスにはKILLシグナルで強制終了する。

kill -KILL プロセスID

または

kill -9 プロセスID

強制終了だから、なるべく避けたい(ロックファイルなどが残ってしまう)

ショートカットがどのようなシグナルを送っているのか?

Ctrl+C SIGINTシグナルを送る
Ctrl+Z SIGTSTPシグナルを送る

ショートカットキーと直接シェルに記述して命令を出すことの違い

シグナルを送るプロセスの違いがある
Ctrl+C ⇒ 端末がCtrl+CをSIGINTシグナルに変換しプロセスに送信
kill -SIGINT ⇒ 指定されたプロセスにSIGINTシグナルを送信

今の知識では、利用する分にはあまり変わらない認識。

ps aux で監視し、不要な操作や、異常終了した処理を調べてkillコマンドで停止させていくという運用。

top -bn1 | grep 'プロセス名'
kill プロセスID

-bオプション
バッチモード。キー操作を受け付けず、「-n」で指定された回数または「CTRL+C」などで強制終了(kill)されるまで実行を続ける。topの結果をファイルに保存する際などに役立つ

du -ksh hoge

-k 1K
-s 指定したディレクトリの合計のみを表示す
-h サイズに応じて読みやすい単位で表示する

ps auxwww | grep 'sh'

このスクラップは28日前にクローズされました
ログインするとコメントできます