🐤

「Twitter for 〇〇」が消えたので発信元を見るだけのツールを作ってみた

2022/12/17に公開約1,000字

イーロンの改革の影響なのか、Twitterのツイートページにこれまで存在した「Twitter for Android」や「Twitter for iOS」「Twitter Web App」といったツイートの発信元が表示されなくなりました。

しかし、Twitter APIを叩いてみると普通に取得できるんですよね。なのでそれを誰でも見られるようにするミニツールを作りました。

https://tools.ic731.net/twitter/for/

とはいえ、見られる環境と見られない環境があるようで、ブラウザでは消えているのですが、私のAndroid版Twitterではまだ表示されてるんすよね。そこらへんは色々兼ね合いがあるのでしょう。

APIについて

今回はTwitter API v2をPHPを利用して叩いています。URLからツイートIDを抜き取って、/2/tweetsへGETリクエストを投げるとツイート情報を返却してくれる流れです。
Twitter API界隈ではおなじみのabraham/twitteroauthを用いて操作しています。同ライブラリでv2系を使うにはsetApiVersion("2")が必要なのでそこだけご注意を。

$connection = new TwitterOAuth($ck, $cs, null, $brarer);
$connection->setApiVersion("2");
$id = '123456789';
$params = [
  "ids" => $id,
  "tweet.fields" => "source"
];
// GET
$tweets = $connection->get("tweets", $params);

そして、今回の肝である「Twitter for 〇〇」は$tweets->data[0]->sourceに格納されています。以上簡単なアプリでした。是非使ってみてください。

Discussion

ログインするとコメントできます