🔌

APIとは

1 min read

APIってよく聞くけど、「説明して!」って言われたら無理なので、まとめます。

参考サイト↓

https://wa3.i-3-i.info/word12428.html
https://data.wingarc.com/what-is-api-16084

APIとは

「外部からの特定の機能を利用させてっている要望に応える窓口」+「その機能の使い方とルール」
みたいな感じ。

そもそも、APIは「Application Programming Interface」の略。

Applicationはなんとなく分かる。
Programmingも分かる。



Interfaceって何ぞやってことで

Interfaceとは

  • 英単語の意味としては
    Interface・・・「接点」、「接合部分」,「境界面」

  • コンピュータ用語としては
    Interface・・・「異なる機器やシステムを接続する部分」(例:USBとか)

つまりAPIとは

API→アプリケーション(application)とプログラム(programming)をつなげる部分(interface)。

アプリケーションAの一部機能ZのAPIを公開することで、他のアプリケーションBがその外部に公開した一部機能Zを利用できるようになるみたいな。

つまりAPIは「外部からの特定の機能を利用させてっている要望に応える窓口」と言える。

だけど、それは本当は少し違っていて
APIは 「外部からの特定の機能を利用させてっている要望に応える窓口」+「その機能の使い方とルール」 のこと。

この記事を書くきっかけは本を読んでて、「Web API」という言葉が出てきたことだったので
ついでに

Web APIとは

Web上に公開されているAPI。