🏔️

間違えやすいDeep Link用語まとめ

1 min read

似たような用語がたくさんあってどれが何を指しているのか正しく理解しないとコミュニケーションが難しいため、その用語が指しているものの範囲をまとめておきます。
iOS環境における話です。

概念なもの

ブラウザなどから別アプリ内の特定の画面に直接遷移できるリンクのこと。
使われる場面ごとに指している範囲が異なる印象の単語で、広い意味を持っているように感じる。
この記事では下のDeferred Deep Linkと区別しているが、Deferred Deep Linkも含めてDeep Linkと呼ばれることもある。

Deep Linkと似ているが、こちらはまだインストールされてないアプリを対象としている。
このリンクを開くとまずApp Storeの等のダウンロードページに遷移される。そこでアプリをインストール後初めて起動されたとき、元々のリンクで指定された画面に遷移させられるというもの。

一度アプリインストールという1ステップを挟んだあとにリンクが発火することからdeferred(延期された)と言うのだろう。

固有のサービス・機能名なもの

Firebaseによって提供されている、Deep Link及びDeferred Deep Linkを実現するための機能。
リンクを踏んだときにアプリがインストールされているかどうか自動で判別し、Deep LinkまたはDeferred Deep Linkを発火してくれる。

iOSやmacOSに使用されている、Deep Linkを実現するための機能。
apple-app-site-associationファイルをドメインに設置しておくことで、そのドメインのWebページを開いたときにWebページの代わりに自動的にアプリを開く機能。アプリはあらかじめインストールされてないといけない。
上のDynamic LinksはDeep Linkを実現するためにこのUnivarsal Linksを使用している。

名前の似ていないもの

Custom URL Scheme

お手軽にDeep Linkを実現できるiOSの機能。
myapp://homeのような独自のURLスキームからアプリの画面に遷移させられる。
簡単に他アプリにDeep Linkを乗っ取られてしまうので使用には注意が必要

Discussion

ログインするとコメントできます