🌮

Rust + Yewで開発したフロントエンドをAWS Amplifyにデプロイする

2022/08/17に公開

お盆だったのでRustに手を出して見ようと思ったのですが、結局あまり深堀りせずにAWSと戦ってました。

この記事でやること

RustのフロントエンドフレームワークであるYewで作ったWebアプリをAWS Amplifyにデプロイします。

Yewとは?

WebAssemblyを使ってマルチスレッドのフロントエンドWebアプリケーションを作成するためのモダンなRustフレームワークです。
https://yew.rs/ja/

RustでフロントエンドをReactのような感じで書けるみたいです。

AWS Amplifyとは?

ウェブアプリケーションやモバイルアプリケーションを構築するためのAWSのサービスです。
https://aws.amazon.com/jp/amplify/
Amplifyにはウェブアプリ構築のために多数の機能がありますが、今回はその中でAmplifyホスティングを使用します。

Yewで作ったアプリをAWS Amplifyにデプロイする手順

Yewの構築に関して、参考にさせていただきました。
https://zenn.dev/azukiazusa/articles/rust-base-web-front-fremework-yew

必要なものをインストール

amplify cli

npm install -g @aws-amplify/cli

Yew関連

Rust

curl --proto '=https' --tlsv1.2 -sSf https://sh.rustup.rs | sh

Trunk

cargo install trunk

WebAssembly target

rustup target add wasm32-unknown-unknown

プロジェクトを作る

amplifyを初期化

amplify init

上記コマンドを実行すると色々聞かれますが、ここでは省略します。
公式ドキュメントを参照してください。
https://aws.amazon.com/jp/getting-started/guides/deploy-webapp-amplify/module-one/

Yewでフロントエンドを作る

雑に手順を書きますが、詳細は公式ドキュメント参照してください。
https://yew.rs/ja/docs/getting-started/build-a-sample-app

Cargo のプロジェクトを作る

リポジトリ直下に作るとamplifyが自動生成するファイルと混ざりそうなのがいやだったので、frontendディレクトリ配下にYewアプリを配置しました。

cargo new frontend && cd frontend

.gitignoreを置いておく

cargo newで.gitignoreが作られる認識だったのですが、なぜか作られなかったので作っておきます。

.gitignore
/target/
/dist/
**/*.rs.bk

YewでWebフロントエンドを作る(Hello World)

Cargo.tomlにyewを追加

Cargo.toml
[package]
name = "frontend"
version = "0.1.0"
edition = "2021"

# See more keys and their definitions at https://doc.rust-lang.org/cargo/reference/manifest.html

[dependencies]
+ yew = "0.19"

ソースコードを編集

main.rsを編集します。

src/main.rs
use yew::prelude::*;

#[function_component(App)]
fn app() -> Html {
    html! {
        <h1>{ "Hello World!!" }</h1>
    }
}

fn main() {
    yew::start_app::<App>();
}

frontend直下にindex.htmlを作成します。

index.html
<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <meta charset="utf-8" />
    <title>Yew App</title>
  </head>
</html>

起動

trunk serve

ブラウザで確認

OK

amplify.ymlでデプロイの設定をする

リポジトリ直下に戻って、amplify.ymlを作ります。

amplify.yml
version: 1
frontend:
  phases:
    preBuild:
      commands:
        - cd frontend
        # install rust
        - curl --proto '=https' --tlsv1.2 -sSf https://sh.rustup.rs | sh -s -- -y
        - source ~/.cargo/env
        # install trunk
        - cargo install trunk
        # add WASM target
        - rustup target add wasm32-unknown-unknown
    build:
      commands:
        - trunk build
  artifacts:
    baseDirectory: frontend/dist
    files:
      - "**/*"
  cache:
    paths:
      - frontend/target/**/*

必要なものをインストールした後にビルドしているだけです。
ビルドする度にRustをインストールしているのが無駄なので、本当はRustインストール済みのカスタムイメージを用意したほうがよいと思いますが、取り急ぎはこれで、、、

amplify.ymlの詳細は、ドキュメントを参照してください。
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/amplify/latest/userguide/build-settings.html

GitHubにpush

最低限動くモノが出来たので、GitHubにpushしておきましょう。
注意点として、amplifyと連携するリポジトリはprivateにしておく必要があります。
(この為「作ったモノはコレです」とこの記事に貼ることも出来ないんだよなぁ、、、)

Amplify HostingとGitHubを接続して、アプリを公開

AWSコンソールからAmplifyとGitHubを連携

ブラウザからAWSにログインしてAmplifyのページに行くと、amplify initしたときに作成されたプロジェクトがあるはずです。
ホスティングの設定画面からGithubを選んで先程pushしたリポジトリと接続すればOKです。

ビルドとデプロイ

amplifyが先程書いたamplify.ymlの設定に従ってビルドとデプロイをしてくれます。完了するまで待ちましょう。

ブラウザから確認

デプロイ完了したらブラウザでamplifyのURLにアクセスして確認しましょう。

OK

最後に

とりあえず、無事にデプロイ出来ました!!
JS以外でのフロントエンドってなんか新鮮。
ただ、現状デプロイしただけなので、それ以上なにが出来るかは全然調べられてないです。
バックエンドとの連携ができないと実運用での利用は難しいので、どこからかいい感じの知見が集まるといいなぁと思っています(他力本願)

Discussion

ログインするとコメントできます