📝

.gitignoreを最初に忘れた時の後からのやり方

2022/03/27に公開約600字

.gitignoreをファーストコミットの時に忘れて
無視してほしいファイルは、もうリポジトリにアップしてしまった時
その事後から、ファイルをリポジトリに削除して、ローカルに保存したままのやり方を記録します

1. .gitignoreを作成

まずは.gitignoreというファイルを作成します
中身は、無視してほしいファイルやフォルダを書きます
例えば

.gitignore
xcuserdata

のような一行でOKです

2. .gitignoreを加入したことをコミット

.gitignoreが追加したことをレポジトリにコミット

git add .gitignore
git commit -m 'Add .gitignore'
git push

3. 無視したいファイルをレポジトリから削除

git rm -r --cached .
git add .
git commit -am 'Remove ignored files'
git push

そしたらOKです

参考

https://stackoverflow.com/questions/1274057/how-can-i-make-git-forget-about-a-file-that-was-tracked-but-is-now-in-gitign/19095988#19095988

Discussion

ログインするとコメントできます