スライドでもニューモフィズムデザインが使いたい!

1 min読了の目安(約1200字TECH技術記事

はじめに

この記事ではmac純正プレゼンソフト「Keynote」でスライドを作成する際にニューモフィズムデザインを取り入れる方法についての記事です。ステップを踏んで説明しているので人によっては煩わしいかもしれませんがご容赦ください。完成形としては
こんな感じになります。

手順1 背景色を設定する


背景色のRGBを(224,229,236)にします。この色はこの後もよく使うのでコレクションに追加しておきましょう。

手順2 図形を追加する


追加する図形は何でもいいのですが、正方形をここでは追加します。

手順3 図形の色を設定する


図形の色を背景色と同じ色にします。

手順4 図形に影をつける


図形にドロップシャドウを付けます。影の色はRGB=(163,177,198)、影の向きは右下、つまり315°です。-45と入力すると変換されます。

手順5 手順2〜5でできたものを複製する


command + Dでオブジェクトを複製します。

手順6 複製したもののドロップシャドウを変更する


複製したもののドロップシャドウの向きを左上つまり135°、色を白RGB=(255,255,255)に設定します。

手順7 二つの図形を重ねる

完成!
多くの場合は角丸になっている長方形を使うかと思います。(ここまで書いてから気づいた)