📫

GKEクラスタのアップグレードをSlackで通知する

2022/06/10に公開約10,200字

はじめに

GKEのクラスターは自動でクラスターがアップグレードされてしまうことがあり、知らぬ間に致命的な変更が加わっていて業務に支障を与えたり不具合が発生してしまうことがある。
そのためGKEクラスタがアップグレードした際はSlackへ通知させて、バージョンの把握をしやすいようにする。

実装方法はこちらのドキュメントを参考に行います。

完成イメージ

今回は以下のように、GKEクラスタがアップデートされるとSlackで通知がメンションされるようにします。

構成

GKEのアップグレード通知のタイプ は3種類ありますが、今回はバージョンがアップグレードしたことを通知するUpgradeEventを使用します。
GKEのバージョンがアップグレードされると、Pub/Subトピックにメッセージとしてイベントの通知を公開します。これらの通知をPub/Subサブスクリプションで受信し、Slackへ通知させます。

用意するもの

  • Pub/Sub
  • Cloud Functions
  • Slack Incoming Webhook

今回はterraformを使用してGCPリソースを作成していきます。

1 Pub/Subを作成する

まずは、Pub/Subトピックを作成していきます。

main.tf
resource "google_pubsub_topic" "gke_cluster_upgrade_notification_topic" {
  name = "gke-upgrade-notification"
}

Terraform: google_pubsub_topic

作成したら、terraform applyをしてGCPコンソールにPub/Subトピックが作成されることを確認します。

2 GKE Clusterの通知を設定する

次にTerraformでGKEクラスタの通知設定を行っていきます。
notification_configを使用して先ほど作成したPub/Subトピックを指定します。

main.tf
resource "google_container_cluster" "primary" {
  name     = "my-gke-cluster"

  notification_config {
    pubsub {
      enabled = true
      topic = "gke-upgrade-notification"
    }
  }
}

Terraform: google_container_cluster
作成したら、terraform applyをしてGKEクラスタの通知が有効になっていることを確認します。
また、GCPコンソールから通知タイプのフィルタリング設定を行います。(terraformが対応していないのでここは、手作業で行います。)

GKE>クラスタ>クラスタの基本>自動化>通知
バージョン アップグレードの開始にチェックを入れます。

3 GCSバケットを作成する

Cloud Functionsのソースコードを保存するためのGSCバケットを作成します。
TerraformでCloud Functionsを作成する際、関数のソースコードも必要になります。
ちなみにソースコードは、Cloud Source Repositoriesで管理。もしくはGCSバケットにzipファイルで保存するかの二つの方法がありますが、今回は後者を選択します。

main.tf
resource "google_storage_bucket" "cloud_functions_package" {
  name          = "cloud_functions_package"
  location      = "asia-northeast1"
  storage_class = "COLDLINE"
}

Terraform: google_storage_bucket
terraform applyをしてGCSバケットが作成されているかを確認します。

3 Cloud Functionsの関数を作成する

次にCloud Functionsの関数を作成していきます。
Cloud Functionsでは、Pub/Subトピックからデータを受け取りSlackに通知させるメッセージを作成します
今回は以下のような関数を作成しました。
Pub/Subから受信するデータはこちらで確認します。

Example
{
  "project_id": 123456789,
  "cluster_location": "us-central1-c",
  "cluster_name": "example-cluster",
  "type_url": "type.googleapis.com/google.container.v1beta1.UpgradeEvent",
  "payload": '{ "resourceType":"MASTER","operation":"operation-1595889094437-87b7254a","operationStartTime":"2020-07-27T22:31:34.437652293Z","currentVersion":"1.15.12-gke.2","targetVersion":"1.15.12-gke.9"}'
}
UpgradeEvent

UpgradeEvent

Key Type Description
resourceType enum(UpgradeResourceType) アップグレード中のリソースタイプ。
operation string このアップグレードに関連する操作。
operationStartTime string (Timestamp format) 操作が開始された時刻。
currentVersion string アップグレード前の現在のバージョン。
targetVersion string アップグレードのターゲットバージョン。
resource string リソースへのオプションの相対パス。たとえば、ノードプールのアップグレードでは、ノードプールの相対パス。

参考
Cloud Functions の関数の作成

index.js
const {IncomingWebhook} = require('@slack/webhook');
const url = process.env.SLACK_WEBHOOK_URL;
const webhook = new IncomingWebhook(url);
const allowedTypeURLs = [];

module.exports.slackNotifier = (pubSubEvent, context) => {
    // Send message to Slack.
    if (isAllowedType(pubSubEvent.attributes)) {
        const message = createSlackMessage(pubSubEvent.attributes);
        webhook.send(message);
    }
};

const isAllowedType = (attributes) => {
    if (allowedTypeURLs.length == 0) {
        return true;
    }
    for (var x in allowedTypeURLs) {
        if (attributes['type_url'] == allowedTypeURLs[x]) {
            return true;
        }
    }
    return false;
}

const message = (upgradeEvent) => {
    return {
        attachments: [
            {
                color: "#1e90ff",
                blocks: [
                    {
                        type: "section",
                        text: {
                            type: "mrkdwn",
                            text: "<!subteam^S02DTKJ5G5C>"
                        }
                    },
                    {
                        type: "section",
                        text: {
                            type: "mrkdwn",
                            text: `*クラスタ名:* ${upgradeEvent.clusterName} \n *リソースタイプ:* ${upgradeEvent.resourceType} \n *${upgradeEvent.currentVersion}* から *${upgradeEvent.targetVersion}* にアップグレードされました。\n\n ${upgradeEvent.gkeClusterURL}`
                        }
                    }
                ]
            }
        ]
    }
}

const createSlackMessage = (attributes) => {
    const clusterName = attributes.cluster_name
    const parsedPyld = JSON.parse(attributes.payload)
    const resourceType = parsedPyld.resourceType  // MASTER | NODE_POOL | UPGRADE_RESOURCE_TYPE_UNSPECIFIED (https://cloud.google.com/kubernetes-engine/docs/reference/rest/Shared.Types/UpgradeResourceType)
    const currentVersion = parsedPyld.currentVersion
    const targetVersion = parsedPyld.targetVersion
    const gkeClusterURL = `<https://console.cloud.google.com/kubernetes/clusters/details/(GKEのリージョン)/${clusterName}/details?hl=ja&project=(プロジェクトID)|詳細>`

    const upgradeEvent = {
        clusterName: clusterName,
        resourceType: resourceType,
        currentVersion: currentVersion,
        targetVersion: targetVersion,
        gkeClusterURL: gkeClusterURL
    }

    return message(upgradeEvent)
}
package.json
{
  "name": "gke-slack",
  "version": "0.0.1",
  "description": "Slack integration for GKE, using Cloud Functions",
  "main": "index.js",
  "dependencies": {
    "@slack/webhook": "5.0.1"
  }
}

4 ソースコードをzip化してGSCにアップロードする

次に先ほど作成したCloud Functionsの関数をGCSにアップロードします。
今回は、以下のようにsrcディレクトリとoutputディレクトリを作成し、archive_fileを使用してファイルをzip化しアップロードします。

tree
.
└── cloud_functions
    ├── main.tf
    ├── output
    └── src
        ├── index.js
        └── package.json

srcディレクトリ
index.jspackage.jsonなどのcloud functions用のソースコードを入れるディレクトリ。
outputディレクトリ
zip化ファイルの出力先のディレクトリ。

main.tf
data "archive_file" "gke-upgrade-notification" {
  type        = "zip"
  output_path = "${path.module}/output/function-source.zip"
  source_dir  = "${path.module}/src"
}

resource "google_storage_bucket_object" "gke-upgrade-notification-function-zip-source" {
  bucket = "cloud_functions_package"
  name   = "gke-upgrade-notification/${data.archive_file.gke-upgrade-notification.output_md5}.zip"
  source = data.archive_file.gke-upgrade-notification.output_path
}

Terraform:
archive_file
google_storage_bucket_object
ここでの注意点としては、ソース更新をした際にzipファイル名が変更されるようにすることです。
CloudFunctionsは、入力パラメーターが変更されるとリソースの更新がトリガーされるため、GCSにアップロードする度にzipファイル名が変わるようにします。(そうでないと、デプロイしてもスースコードが更新されません)ここでは、output_md5の属性をつけることで対応します。
terraform applyをして先ほど作成したGCSにファイルが保存されていることを確認します。

5 Cloud Functionsを作成する

次にCloud Functionsを作成します。
イベントトリガーに、google.pubsub.topic.publishを設定し、環境変数にslackのwebhook URLを追加します。 GCSバケットには、先ほど作成したものを指定します。

参考
Google Cloud Pub/Sub トリガー

main.tf
resource "google_cloudfunctions_function" "gke_cluster_upgrade_notification_cloud_functions" {
  name                  = "gke-upgrade-notification"
  description           = "GKEイベントアップグレード通知の関数"
  runtime               = "nodejs16"
  source_archive_bucket = "cloud_functions_package"
  source_archive_object = google_storage_bucket_object.gke-upgrade-notification-function-zip-source.name
  entry_point           = "slackNotifier"

  environment_variables = {
    SLACK_WEBHOOK_URL = "SlackのWebhookURL"
  }

  event_trigger {
    event_type = "google.pubsub.topic.publish"
    resource   = "projects/[project名]/topics/gke-upgrade-notification"
  }
}

data "archive_file" "gke-upgrade-notification" {
  type        = "zip"
  output_path = "${path.module}/output/function-source.zip"
  source_dir  = "${path.module}/src"
}

resource "google_storage_bucket_object" "gke-upgrade-notification-function-zip-source" {
  bucket = "cloud_functions_package"
  name   = "gke-upgrade-notification/${data.archive_file.gke-upgrade-notification.output_md5}.zip"
  source = data.archive_file.gke-upgrade-notification.output_path
}

Terraform: google_cloudfunctions_function
terraform applyをしてCloud Functionsが作成されていることを確認します。

6 GKEをアップグレードして、Slackに通知が来ることを確認する

最後に、GKEをアップグレードして、Slackに通知がくることを確認します。

GKE>クラスタ>クラスタの基本>リリースチャンネル>アップグレード可能

名前と画像はお好きに設定してください。

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます