👏

MRTKでアバターの着せ替えをやってみたい!(アバターと服導入編)

2021/11/04に公開約900字

その前にMRTKを先にインストールします

インストールの仕方は↓

https://note.com/npaka/n/n159027eb708c
の9番までやってください。

アバターの導入方法

VRoidStudioで作ったアバターをUnityで動かせるようにするためのパッケージを導入します。

https://github.com/vrm-c/UniVRM/releases
このサイトから最新"UniVRM-X.XX.X_XXXX.unitypackage"をインストールします。

そのままインポートまでしちゃいます。

インポートできたらアバターを入れていきます。
自分のアバターをAssetsにドラッグします

アバターを入れたらAssetsにモデルが表示されるので、モデルをHierarchyにドラッグします。

これでアバターの導入は完了です。

服の導入

まず、服のサンプルを用意します。
私は有料のワンピースにしました。

https://booth.pm/ja/items/1792569

服をインストールしたら、アバターと同じ手順でAssetsに入れます。
こんな感じでAssetsに入れば完了です。

今回は服の導入、及びアバターの導入の解説でした。
次回は服のサイズ調整の仕方を解説していこうと思います

Discussion

ログインするとコメントできます