📊

分布を見るためのSQL

1 min read

この記事の目的

データ分析において平均などの統計値より先に分布を確認することが多いので、 以下のような度数分布表 を出すSQLの備忘録です。なお、階級に分ける処理については書いてません。

出典:https://toukeigaku-jouhou.info/2015/08/23/distribution-frequency-table/

サンプルクエリ

以下の商品ごとの注文回数がのっているテーブル( tbl_item_order )から、注文回数の分布を見たいとします。

item_name num_orders
りんご 1
さくらんぼ 1
ナシ 1
オレンジ 2
ヤシの実 2
もも 3

以下の SQL で度数分布表を出せます。

with tbl_freq as (
  select
    num_orders
    , count(1) as freq
  from tbl_item_order
  group by num_orders
)
, tbl_rate as (
  select
    num_orders
    , freq
    , freq / sum(freq) over () as rate
  from tbl_freq
)

select
  -- 注文回数(N回注文されたか)
  num_orders
  -- 頻度、絶対度数(N回注文された商品は何種類あるか)
  , freq
  -- 累積度数
  , sum(freq) over (order by num_orders range between unbounded preceding and current row) as cum_freq
  -- 割合、相対度数(N回注文された商品は全商品のうち、どれくらいの割合なのか)
  , rate
  -- 累積相対度数
  , sum(rate) over (order by num_orders range between unbounded preceding and current row) as cum_rate
from tbl_rate

結果

num_orders freq cum_freq rate cum_rate
1 3 3 0.5 0.5
2 2 5 0.3333333333333333 0.8333333333333333
3 1 6 0.16666666666666666 0.9999999999999999

Discussion

ログインするとコメントできます