Poetryでプラットフォームごとにインストールするライブラリを変える

1 min読了の目安(約1300字TECH技術記事

Poetry とは

Python ライブラリの依存管理ツールです。

課題:プラットフォームごとにインストールするライブラリを変えたい

プラットフォームごとにインストールするライブラリを変えたい場合があります。例えば、 Tensorflow 1.x では、 インストール先のマシンにGPUがあるかどうかによってライブラリ名を変える必要があります ( tensoflowtensorflow-gpu )。

解決策:--extras オプション

Poetry の --extras オプションで解決できます。最終的には以下のようなコマンドで切り替えることができます。

CPUの場合

$ poetry install -E cpu

GPUの場合

$ poetry install -E gpu

設定手順は以下です。

プラットフォームに依存するライブラリを追加するときに、以下のコマンドで追加します。

$ poetry add "$LIBRARY=$VERSION"[$EXTRAS] --optional

$EXTRAS はライブラリ群に対するタグのようなもので、今回の例ではプラットフォーム名などを記入します。

例)

$ poetry add "tensorflow-gpu=1.14"[gpu] --optional 

次に、以下のように pyproject.toml に、プラットフォームごとにインストールしたいライブラリのリストを追記します。

pyproject.toml
[tool.poetry.extras]
cpu = ["tensorflow"]
gpu = ["tensorflow-gpu"]

複数ライブラリある場合は ["lib1", "lib2"] のように書きます。

あとは以下のように環境をセットアップする際に --extras, -E でプラットフォームを指定するだけです。

CPUの場合

$ poetry install -E cpu

GPUの場合

$ poetry install -E gpu

また、 公式ドキュメント にも書かれている通り、 extras はタグのように複数指定することもできます。

$ poetry install --extras "mysql pgsql"
$ poetry install -E mysql -E pgsql