🖥

Windows10+Dockerでの開発環境をWSL2化

3 min read

まえがき

  • WSL2を使う人との作業が増えていく中で自分の環境も変えたいな、ということで対応していったログです
  • WSLに関しては公式ドキュメントが充実しているので詳しく見るなら公式行くのが良い感じ

前提

Windows上での設定

  • PS > から始まっているコマンドはPowerShellで実行

Docker for Windowsの設定

General

項目 設定
Use the WSL2 based engine チェック入れる

Resources > WSL INTEGRATION

項目 設定
Enable integration with ~~ チェック入れる

.wslconfig を使用してグローバル オプションを構成する

PS > code -n "$env:USERPROFILE\.wslconfig"
.wslconfig
[wsl2]
memory=4GB

ネットワークドライブとして追加する

  • Windowsアプリ(IDEなど)から参照する際に、パスの解決がうまくいかなかったりしたので追加
    • net use ドライブレター \\wsl$\ディストリビューション名
PS > net use U: \\wsl$\Ubuntu

WSLコンテナ内

  • 今回はUbuntu 20.04.2 LTS

とりあえず最新化

$ sudo apt update && sudo apt upgrade

ディストリビューションごとの起動設定を wslconf で構成する

$ sudo vim /etc/wsl.conf
/etc/wsl.conf
[automount]
options = "metadata"  # DrvFsマウントオプションPermission情報をメタデータに保存出来るようにする
crossDistro = true  # 正直良くわかっていない

bashの表示を変える

$ vim ~/.bashrc
  • 一番下に追記
~/.bashrc
PS1="\[\033[1;30m\]\D{%m.%d} \t \[\033[1;32m\]\u@\h \[\033[1;35m\]\s \[\033[1;33m\]\w\[\033[36m\]\$(__git_ps1)\[\033[00m\]\n\$ "
if [ -f /path/to/git-completion.bash ]; then
    source /path/to/git-completion.bash
fi
if [ -f /path/to/git-prompt.sh ]; then
    source /path/to/git-prompt.sh
fi
GIT_PS1_SHOWDIRTYSTATE=true
GIT_PS1_SHOWUNTRACKEDFILES=true
GIT_PS1_SHOWSTASHSTATE=true
GIT_PS1_SHOWUPSTREAM=auto

dotfilesにシンボリックリンク

$ cd ~/
$ ln -s /mnt/c/Users/user/.gitconfig .gitconfig
$ ln -s /mnt/c/Users/user/.ssh/ ./.ssh

日本語化

$ sudo apt install -y language-pack-ja
$ sudo update-locale LANG=ja_JP.UTF8
$ sudo apt -y install manpages-ja manpages-ja-dev

タイムゾーン変更

  • アジア > 東京 を選択
$ sudo dpkg-reconfigure tzdata

確認

  • JSTで表示されていればOK
$ date
GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます