🎉

はじめてReactに触れるならこれをしろ!

2022/06/16に公開

はじめての React

これははじめて React に触れる方のためのチュートリアルのチュートリアルです。

Step1:Next.js が用意するコマンドでテンプレートを作成する。

Step2:ローカルサーバーでプロジェクトを立ち上げる。

Step3:初期画面をコンポーネント化するためにコードをリファクタリングする。


Step 1

Next.js の公式サイトにアクセスし、ドキュメントの Getting Started にある下記のコマンドのいずれかをターミナルで入力する。

npx create-next-app@latest
# or
yarn create next-app

その後、対話形式でプロジェクト名が質問されるため、任意のプロジェクト名を入力する。(※下記の例では「my-app」)

 % npx create-next-app@latest
Need to install the following packages:
  create-next-app
Ok to proceed? (y) y
✔ What is your project named? … my-app

インストールが成功すると下記の文章が表示され、指定したプロジェクト名のフォルダが作成される。

Success! Created my-app at /Users/mac/Desktop/my-app
Inside that directory, you can run several commands:

  npm run dev
    Starts the development server.
  npm run build
    Builds the app for production.
  npm start
    Runs the built app in production mode.

We suggest that you begin by typing:

  cd my-app
  npm run dev

ディレクトリ構成は下記のものが確認できる。

my-app #任意のプロジェクト名
├── node_modules
│    └── **
├── .next
│    └── **
├── public
│    ├── favicon.ico
│    └── vercel.svg
├── pages
│    ├── api
│    │   └── hello.js
│    ├── _app.js
│    └── index.js
├── styles
│    ├── Home.module.css
│    └── globals.css
├── package.json
├── next.config.js
├── .eslintrc.json
├── README.md
└── yarn.lock

Step 2

Step1 で構成したプロジェクトをカレントディレクトリに選択した状態で以下のコマンドを入力し、ローカルサーバーを立ち上げる。

cd my-app
npm run dev
# or
yarn dev

その後 http://localhost:3000 にアクセスし、以下の初期画面を確認する。

Next.jsの初期画面


Step 3

ディレクトリ構成を以下のように変更する。*

同時に React と親和性の高い JSX 記法を用いるファイルの拡張子を js→jsx に変更する。(変更点:index.js → index.jsx)

my-app #任意のプロジェクト名
├── src #新しく追加
│    ├── components #新しく追加
│    ├── styles #src配下へフォルダごと移動
│    │     ├── Home.module.css
│    │     └── globals.css
│    └── pages #src配下へフォルダごと移動
│          ├── **
│          └── index.jsx
└── **

* ここで src フォルダに着目するため、その他のファイル・フォルダは省略する。


ここからは src/pages/index.jssrc/styles/Home.module.css* のコードをsrc/compnents配下へコンポーネント化していきます。

* ※スタイル形式に Next.js のデフォルトである CSS モジュールを利用するには、拡張子を module.css としなくてはならないことに注意。

コンポーネント化する要素は以下の通りです。

コンポーネント図

下記のように、一つのコンポーネントフォルダに jsx ファイルと module.css ファイルのセットで格納します。

my-app #任意のプロジェクト名
├── src
│    ├── components
│    │     ├── heading #新しく追加
│    │     │     ├── Heading.jsx #〃
│    │     │     └── Heading.module.css #〃
│    │     ├── breadcrumb #新しく追加
│    │     │     ├── Breadcrumb.jsx #〃
│    │     │     └── Breadcrumb.module.css #〃
│    │     ├── links #新しく追加
│    │     │     ├── Links.jsx #〃
│    │     │     └── Links.module.css #〃
│    │     └── footer #新しく追加
│    │           ├── Footer.jsx #〃
│    │           └── Footer.module.css #〃
│    ├── styles
│    │     └── **
│    └── pages
│          └── **
└── **

Heading

▼ Heading.jsx

import styles from "./Heading.module.css";

export const Heading = () => {
  return (
    <h1 className={styles.title}>
      Welcome to <a href="https://nextjs.org">Next.js!</a>
    </h1>
  );
};

▼ Heading.module.css

.title a {
  color: #0070f3;
  text-decoration: none;
}

.title a:hover,
.title a:focus,
.title a:active {
  text-decoration: underline;
}

.title {
  margin: 0;
  line-height: 1.15;
  font-size: 4rem;
}

.title {
  text-align: center;
}

▼ Breadcrumb.jsx

import styles from "./Breadcrumb.module.css";

export const Breadcrumb = () => {
  return (
    <p className={styles.description}>
      Get started by editing <code className={styles.code}>pages/index.js</code>
    </p>
  );
}

▼ Breadcrumb.module.css

.description {
  text-align: center;
}

.description {
  margin: 4rem 0;
  line-height: 1.5;
  font-size: 1.5rem;
}

.code {
  background: #fafafa;
  border-radius: 5px;
  padding: 0.75rem;
  font-size: 1.1rem;
  font-family: Menlo, Monaco, Lucida Console, Liberation Mono, DejaVu Sans Mono,
    Bitstream Vera Sans Mono, Courier New, monospace;
}

▼ Links.jsx

import styles from "./Links.module.css";

export const Links = () => {
  return (
    <div className={styles.grid}>
      <a href="https://nextjs.org/docs" className={styles.card}>
        <h2>Documentation &rarr;</h2>
        <p>Find in-depth information about Next.js features and API.</p>
      </a>

      <a href="https://nextjs.org/learn" className={styles.card}>
        <h2>Learn &rarr;</h2>
        <p>Learn about Next.js in an interactive course with quizzes!</p>
      </a>

      <a
        href="https://github.com/vercel/next.js/tree/canary/examples"
        className={styles.card}
      >
        <h2>Examples &rarr;</h2>
        <p>Discover and deploy boilerplate example Next.js projects.</p>
      </a>

      <a
        href="https://vercel.com/new?utm_source=create-next-app&utm_medium=default-template&utm_campaign=create-next-app"
        className={styles.card}
      >
        <h2>Deploy &rarr;</h2>
        <p>Instantly deploy your Next.js site to a public URL with Vercel.</p>
      </a>
    </div>
  );
};

▼ Links.module.css

.grid {
  display: flex;
  align-items: center;
  justify-content: center;
  flex-wrap: wrap;
  max-width: 800px;
}

.card {
  margin: 1rem;
  padding: 1.5rem;
  text-align: left;
  color: inherit;
  text-decoration: none;
  border: 1px solid #eaeaea;
  border-radius: 10px;
  transition: color 0.15s ease, border-color 0.15s ease;
  max-width: 300px;
}

.card:hover,
.card:focus,
.card:active {
  color: #0070f3;
  border-color: #0070f3;
}

.card h2 {
  margin: 0 0 1rem 0;
  font-size: 1.5rem;
}

.card p {
  margin: 0;
  font-size: 1.25rem;
  line-height: 1.5;
}

@media (max-width: 600px) {
  .grid {
    width: 100%;
    flex-direction: column;
  }
}

▼ Footer.jsx

import Image from 'next/image'
import styles from './Footer.module.css'

export const Footer = () => {
  return (
      <footer className={styles.footer}>
        <a
          href="https://vercel.com?utm_source=create-next-app&utm_medium=default-template&utm_campaign=create-next-app"
          target="_blank"
          rel="noopener noreferrer"
        >
          Powered by{' '}
          <span className={styles.logo}>
            <Image src="/vercel.svg" alt="Vercel Logo" width={72} height={16} />
          </span>
        </a>
      </footer>
  )
}

▼ Footer.module.css

.footer {
  display: flex;
  flex: 1;
  padding: 2rem 0;
  border-top: 1px solid #eaeaea;
  justify-content: center;
  align-items: center;
}

.footer a {
  display: flex;
  justify-content: center;
  align-items: center;
  flex-grow: 1;
}

.logo {
  height: 1em;
  margin-left: 0.5rem;
}

さいごに

Next.js のLearnによると、React とは「インタラクティブなユーザーインターフェイスを構築するための JavaScript ライブラリである。(翻訳元:React is a JavaScript library for building interactive user interfaces.)」とされています。

インタラクティブとは、「対話」や「双方向」という意味を持ちますが、インタラクティブなユーザーインターフェイス(以下:UI)とは一体何なのでしょうか。

これはあくまで自論ですが、双方向を成す対象には「 UI を作る開発者」と、「UI に触れるエンドユーザー」が存在すると考えます。
これらの二方にとって、作りやすくて使いやすいインターフェースを構築できるというのが React の強みなのではないでしょうか。

この性質は体験ベースの考え方であると実感しているため、どんどん React に触れて好きになれたらラッキーです。


Discussion

ログインするとコメントできます