🚧

HasuraのdbにSupabaseを使う

2022/11/16に公開約2,100字

Hasuraのgraphqlを試す

description

  • HasuraのdbのデフォルトはHerokuだがHerokuは有料になるのでSupabaseを使用する

Hasuraセットアップ

1.1 Hasuraにログインしてプロジェクトを作成しSupabaseを繋ぐ前までの設定をする

1.2 Hasuraのコンソールに移動する
※ HASURA_GRAPHQL_ADMIN_SECRETは不要なので削除しておく

1.3 HasuraのData Managerに移動する

1.4 HasuraのConnect Database画面に遷移したら一旦終了

Supabaseセットアップ

1.1 Supabaseにログインしてプロジェクトを作成する

1.2 プロジェクトを作成する
Name,Database Password,Region,Pricing Planを入力してプロジェクトを作成する

HasuraとSupabaseを繋ぐ

Hasura x Supabase

https://hasura.io/docs/latest/databases/connect-db/cloud-databases/supabase

1.2 settingsに移動する

1.3 settings/Databaseに移動する

1.4 Connection stringをコピーする

1.4 HasuraのConnect Database画面に戻りConnection stringを貼り付ける

Adding data source failed

と出た場合

{
  "definition": "supabase",
  "message": "could not translate host name \"hogehoge.supabase.co\" to address: Name or service not known\n",
  "name": "source supabase",
  "reason": "Inconsistent object: connection error",
  "type": "source"
}

パスワードに@などのURLに使用できない文字を使用している場合エンコードした文字列に変換する必要がある
https://zenn.dev/konnyaku256/articles/how-to-resolve-invalid-hostname-in-hasura

適当にターミナルでエンコードして置き換えればOK

node.js
node -e 'console.log(encodeURI("任意のURL"))'

1.5 この画面になったら終わり

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます