🦍

React Nativeでrun-ios時にシミュレーターを指定して起動する方法

1 min read

まえがき

React Native で iOSシミュレーター を指定して起動したかったが、情報が古い記事が多かったのでメモメモ。

react-native run-ios --simulator のhelp

Options:
  --simulator [string]      Explicitly set simulator to use. Optionally include iOS version between parenthesis at the end to match an exact version: "iPhone 6 (10.0)" (default: "iPhone 11")
  
Example usage:
  Run on a different simulator, e.g. iPhone SE:
  react-native run-ios --simulator "iPhone SE"

うまくいった方法

scripts: {
  "ios": "react-native run-ios --simulator 'iPhone SE 1st'"
}

うまくいかなかった方法

エスケープシーケンスでダブルコートを渡したらうまくいかなかった

scripts: {
  "ios": "react-native run-ios --simulator \"iPhone SE (1st generation) (13.5)\""
}

古い記事だと、 --simulator= とイコールで値を渡しているところが多いが、このイコールの部分は help にも書いてあるがスペースが正しい。

scripts: {
  "ios": "react-native run-ios --simulator=\"iPhone SE (1st generation) (13.5)\""
}

参考記事

【2020年度版】React Naitiveでデバッグ時に起動するシミュレータを変える方法について | hayaplex
How to choose simulator iOS version with React Native | by Satoshi Tahara | Medium

Discussion

ログインするとコメントできます