🦔

l3keys の紹介

6 min read

これは、TeX & LaTeX Advent Calendar 2021 の 18 日目の記事です。昨日は mattskala さんの「MakeでLaTeX言語のビルドしましょう」でした。明日は hid_alma1026 さんの「Speedata Publisherのマークアップ」です。

間違い等がありましたら、教えていただけると助かります。

l3keys とは、expl3 のモジュールで、keyval リストのインターフェイスを実現します。keyval リストとは、カンマ区切りで <キー>=<値> が連なるリストのことで、graphicx パッケージのオプション指定がそれです。

\includegraphics[width=2cm,height=3cm]{sample.pdf}

同じ目的のパッケージとして、他に keyval や xkeyval がありますが、l3keys はキーの定義も keyval リストなため、それと比べて大変使いやすいものになっています。

この記事では、2021-06-18 リリースの expl3 を基に解説します。公式のリファレンスは interface3.pdf で、この記事の情報も全てこれによるものです。

前提知識

この記事では、expl3 についての説明は行いません。解説としては、以下の記事が大変分かりやすいです。

基本的な使い方

以下、特に説明がない限り、\ExplSyntaxOn \ExplSyntaxOff が適切に行われた状態であると仮定します。

l3keys では、\keys_define:nn 命令を使って、モジュールごとにキーを定義します。例えば、

\keys_define:nn { example }{
  name  .code:n     = \hoge{ #1 },
  plice .int_set:N  = \l_tmpa_int
}

のようにすると、example モジュールに対して、

  • キーが指定された時に \hoge { #1 } が実行される(#1 はキーに指定された値が入る)name キー
  • 指定された値が \l_tmpa_int に代入される、plice キー

の 2 つのキーが定義されます。

キーを使用するには、\keys_set:nn 命令を使います。

\keys_set:nn { example }{
  name  = tokyo,  % => \hoge{ tokyo } が実行される
  plice = 1000    % => \l_tmpa_int に 1000 が代入される
}

実際にパッケージの機能として提供する場合は、xparse パッケージなどを用いて、

\NewDocumentCommand{ \my }{ m }{
  \keys_set:nn { example }{ #1 }
}

のように使う事が出来ます。

キーの定義

前述の例で見たように、<モジュール> に対して、

\keys_define:nn { <モジュール> }{
  <キー> <プロパティ> = <値>,
  ...
}

の形で定義します。キーは必ずプロパティを持ち、プロパティは <値> を引数として取ります
(例外あり)。キー名に使える文字の制限はありません。なお、キーは記述された順序で定義されるため、重複・矛盾する定義は後のものに上書きされます。

プロパティには、主なものとして、

  1. 変数に値を代入するプロパティ(.tl_set:N など)
  2. 関数を定義するプロパティ(.cs_set:Np など)
  3. 選択キーを定義するプロパティ(.choice: など)

があります。

1. 変数に値を代入するプロパティ

<キー> <プロパティ> = <変数>

<キー> に指定された値を <変数> に代入します。<プロパティ> は基本的に通常の変数代入の命令と同じ名前です。変数が定義されていない場合、グローバルに定義されます。

\keys_define:nn { example }{
  bool  .bool_set:N   = \l_tmpa_bool,
  clist .clist_set:N  = \l_tmpa_clist,
  dim   .dim_set:N    = \l_tmpa_dim,
  fp    .fp_set:N     = \l_tmpa_fp,
  int   .int_set:N    = \l_tmpa_int,
  muskip .muskip_set:N = \l_tmpa_muskip,
  prop  .prop_put:N   = \l_tmpa_prop,
  skip  .skip_set:N   = \l_tmpa_skip,
  tl    .tl_set:N     = \l_tmpa_tl
}

2. 関数を定義するプロパティ

<キー> <プロパティ> = <関数>

<キー> に指定された値(コード)が <関数> の定義になります。<関数> が定義されていない場合、グローバルに定義されます。下の例の場合、\__tmpa_fn:nこんにちは、#1さん として定義されます(関数などの定義中で用いる場合は、# を必要なだけ重ねる必要があります)。

\keys_define:nn { example }{
  key .cs_set:Np = \__tempa_fn:n #1
}
\keys_set:nn { example }{
  key = こんにちは、#1さん
}
\__tmpa_fn:n { 山田 } % => こんにちは、山田さん

また、.cs_set:cp を使う場合は、

\keys_define:nn { example }{
  key .cs_set:cp = { __tempa_fn:n } #1
}

のようにします。

3. 選択キーを定義するプロパティ

選択キーとは、キーに指定する値が選択肢として事前に用意されたキーのことです。例えば、jlreq クラスの paper キーは、a4b4 などの選択肢が事前に用意されており、用意されていないものを指定するとエラーが出ます。

\documentclass[paper=b4]{jlreq}
\documentclass[paper=x3]{jlreq} % => ! Class jlreq Error: The paper x3 is unknown.

選択キーを定義する方法は 3 つあります。.choice: 又は .choices:nn は 1 つだけキーを指定するタイプで、.multichoices:nn は複数のキーを指定するタイプです。

.choice: プロパティ

<キー> .choice:,
<キー> / <サブキー> <プロパティ> = <値>

.choice: プロパティは <キー> を選択キーとして定義し、<値> を取りません。選択肢となるキーは、サブキーによって作られます。<サブキー><キー>/<サブキー> とすることで定義出来ます。

下の例では、key が選択キーとして、a b ckey のサブキーとして定義され、a b ckey の選択肢として指定できます。

\keys_define:nn { example }{
  key .choice:,
  key / a .code:n = キー「a」が選択されました,
  key / b .code:n = キー「b」が選択されました,
  key / c .code:n = キー「c」が選択されました
}
\keys_set:nn { example }{
  key = b % => キー「b」が選択されました
}

.choices:nn プロパティ

機能としては、.choice: と同じです。

<キー> .choices:nn = { <キーの選択肢> }{ <コード> }

インデックス[1]\l_keys_choice_int に、キー名が \l_keys_choice_tl に代入され、<コード> で使用できます。

下の例では、1番目の「a」が選択されました。と出力されます。

\keys_define:nn { example }{
  key .choices:nn = { a, b, c }{
    \int_use:N\l_keys_choice_int 番目の
    「\tl_use:N\l_keys_choice_tl」が選択されました。
  }
}
\keys_set:nn { example }{
  key = a % => 1番目の「a」が選択されました。
}

.multichoices:nn プロパティ

.choice:.choices:nn では 1 つのキーしか選べませんが、.multichoices:nnでは複数のキーを選べます。書式は、.choices:nn と全く同じで、

<キー> .multichoices:nn = { <キーの選択肢> }{ <コード> }

です。<コード> はキーごとに実行されます。インデックス[1:1]やキー名も同様に使用できます。

以下の例では、1番目の「a」が選択されました。3番目の「c」が選択されました。と出力されます。

\keys_define:nn { example }{
  key .multichoices:nn = { a, b, c }{
    \int_use:N\l_keys_choice_int 番目の
    「\tl_use:N\l_keys_choice_tl」が選択されました。
  }
}
\keys_set:nn { example }{
  key = { a, c }
  % 又は
  % key = a,
  % key = c
}

その他のプロパティ

この記事で扱わなかったプロパティのうち、便利なものを簡単に紹介します。他にも多くの機能があるので、interface3.pdf をぜひ見てください。

プロパティ 指定する値 説明
.default:n デフォルト値 デフォルト値を設定する
.value_forhidden:n 真偽値 <値> を隠し、キーだけで指定できるようにする
.value_required:n 真偽値 <値> が指定されていない時に、エラーが出るようにする
.code:n コード キーが指定された時にコードを実行する。指定した値は #1 に入れられる
脚注
  1. インデックスは 1 から始まります。 ↩︎ ↩︎

Discussion

ログインするとコメントできます