🥽

MRTK3(パブリックプレビュー) Hello World!

2022/06/10に公開

2022/6/8に MRTK3 のパブリックプレビューが公開されたので、関連リンクと最初のセットアップ手順、および Cube を掴んで操作できるサンプルの実装について動画でまとめました。

関連リンク

GitHub (MixedRealityToolkit-Unity : mrtk3ブランチ)

Mixed Reality Feature Tool

ドキュメント

Youtube (Mixed Reality Dev Days)

セットアップ手順

実行環境

  • Unity 2021.3.4f1
  • MixedRealityFeatureTool-1.0.2206.1-Preview

動画は 2022/6/8 時点の内容です。今後バージョンアップに伴い内容が変わる可能性もあるため、適宜参考リンクのドキュメント等を参照ください。

動画のセットアップ手順については、ドキュメントの中の Setup ページの内容をまとめたものです。

https://youtu.be/ofl2kuzPWHM

以降は、動画の作業内容をテキストにしたものです。

1. Mixed Reality Feature Tool

  • Platform Support → Mixed Reality OpenXR Plugin を選択
  • [Optional] Spatial Audio → Microsoft Spatializer を選択
  • MRTK3 配下の必要なものを選択(動画では全て選択)

2. MRTK プロファイルの構成

  • 最初のポップアップ(新しい入力バックエンドを有効にするかどうか) → はいを選択

  • 2番目のポップアップ(XRInteractionLayerMaskを更新するかどうか) → いいえを選択

  • 数回再起動するのを待つ

  • Edit > Project Settings を選択

    • Project Settings の MRTK3 に移動し、スタンドアロンタブに切り替える
    • Profile に MRTKprofile を設定(Searchを All にして検索する)
    • UWP タブに切り替え同様に、Profile に MRTKprofile を設定

3. OpenXR 関連の設定

  • Edit > Project Settings を選択
    • Project Settings の XR Plug-in Management に移動し、 スタンドアロンタブとUWPタブの両方で OpenXR を有効にする
    • 各タブで、Initialize XR on Startup にチェックが入っていることを確認する
    • スタンドアロンタブで Windows Mixed Reality feature group にチェック入れる
    • UWP タブで Microsoft HoloLens feature group にチェックを入れる
    • 黄色の警告アイコンが表示される場合は選択し、 All Fix ボタンを押す
    • Project Settings の XR Plug-in Management > OpenXR を選択し、スタンドアロンタブとUWPタブそれぞれで Interaction Profiles に以下3つを設定する
      • Eye Gaze Interaction Profile
      • Microsoft Hand Interaction Profile
      • Microsoft Motion Controller Profile
    • HoloLens 2の場合、Depth Submission Mode を Depth 16 Bit に設定する

4. Cube の操作設定

Secne 設定についてはドキュメントの Creating a new Scene with MRTK3 の内容をまとめたものです。

  • MRTK XR Rig プレハブをシーンに配置する
  • MRTK XR Rig 内にカメラがすでにあるためもともとシーンに配置されていた Main Camera を削除する
  • MRTKInputSimulator プレハブをシーンに配置する
  • Cube をシーンに配置する
  • Cube に ObjectManipulator と NearInteractionModeDetector コンポーネントを追加する

Discussion

ログインするとコメントできます