🥽

UE4 で HoloLens 2 アプリを作る際の推奨設定

2 min read

Epic MegaJam におけるライブストリーム で Mixed Reality に関する様々なセッションがあり、その中の「Best Practices for using UE4 in MR」について確認をしてみました。

Project Settings

Project Settings に関する内容については、Microsoft のドキュメントでも紹介されている内容と同等のものでした。詳細は 動画 及び ドキュメント を見ていただくとして、設定個所を抜き出すと以下の通りとなります。基本的にはこの設定を元にして、必要な部分のみ変更するのが良いと思います。

Project > Target Hardware

項目1 項目2 設定内容
Target Hardware Optimize project settings for: Mobile / Tablet

Engine > Rendering

項目1 項目2 設定内容
Mobile Disable vertex fogging in mobile shaders チェックを入れる
Mobile Maximum number of CSM cascades to render 1
Culling Occulusion Culling チェックを外す()
Forward Renderer Forward Shading チェックを入れる
Translucency Separate Translucency チェックを外す
Postprocessing Custom Depth-Stencil Pass Disable にする
VR Instanced Stereo チェックを入れる
VR Mobile HDR チェックを外す
VR Mobile Multi-View チェックを入れる
Mobile Shader Permutation Reduction Max Movable Spotlights / Point Lights 0

() オクルージョンカリングが必要な場合は Mobile の Support Software Occulusion Culling にチェックを入れる

Materials

また、プロジェクト設定だけでなく、マテリアルについての説明もありました。
説明されていたのは以下 5 つの項目になります。

その他

設定に関するもの以外には、Debugging/Profiling、Tips(Variant Manager等) についての説明もありました。興味のある方は 動画 をご覧になられると良いと思います。