🐈

Gitを用いて「ひとり」でチーム開発を意識する

2022/06/06に公開

ひとりでも擬似的にチーム開発を体験する方法です。説明は必要最低限にしていますが、各gitコマンドをお調べ頂ければそのコマンドの意味は分かると思います。本内容はGitHub Flowに則り進めていきます。

ローカルリポジトリの作成

ローカルリポジトリとは自分専用で自分しか見れないようなデータ保存箱のようなものです。
プロジェクトを進めるディレクトリでコマンドを実行します。

git init

ローカルリポジトリへプロジェクトの変更を追加、記録

ローカルリポジトリに記録したいファイル・ディレクトリを選択します。
記録したいファイル・ディレクトリの選択

git add ファイル名orディレクトリ名

※全て記録したい場合

git add .

記録(コミット)する

git commit -m "記録内容を説明する文"

リモートリポジトリの作成

リモートリポジトリとは他の人も見れるようなデータ保存箱です。
 GitHubでリポジトリを新規作成後、「git remote add origin https:〜」のurlをコピーしターミナルで実行します。
※事前にパーソナルアクセストークンの発行等の準備が必要となります。

git remote add origin https:〜

リモートリポジトリにプッシュ

git push -u origin master

ブランチの作成

上記でGitHubに初期登録後、プロジェクトを進めていくためのブランチ(枝)を作成します。
大元のデータはmasterブランチで管理を行なっていますが、プロジェクトを進めていく上で後戻りができるように作業用のブランチを別に作成します。セーブポイントを作っていくようなイメージです。

git branch ブランチ名

作成したブランチに移動(枝別れ)

git checkout ブランチ名

変更の記録

記録したいファイル・ディレクトリの選択

git add ファイル名orディレクトリ名

※全て記録したい場合

git add .

記録(コミット)する

git commit -m "記録内容を説明する文"

リモートリポジトリにプッシュ

git push origin ブランチ名

プルリクエストの作成

変更した部分をmasterブランチに反映させて良いか伺いを立てるものです。
・GitHubのリポジトリからプルリクエストを選択し、「create pull request」をクリックします。
・baseは変更の基盤となるブランチ(master)、compareは今回変更を行ったブランチを選択します。
・タイトル、伺い文を記入します。
・conversationの「Merge pull request」をクッリクし、「comfirm merge」で変更をmasterブランチにマージ(統合)します。
・マージ後、「Delete branch」をクッリクし作業用ブランチを削除します。

リモートリポジトリの変更分をローカルリポジトリに反映

masterブランチに戻ります。

git checkout master

リモートリポジトリの内容を取り組み(プル)ます。

git pull origin master

ローカルリポジトリの作業用ブランチを削除します。

git branch -d ブランチ名

以上の過程を適宜繰り返していきます。
間違い等があればご指摘・ご教示頂けますと幸いです。

Discussion

ログインするとコメントできます