📖

Macのターミナルからファイルを指定してVSCodeで開く

2022/03/30に公開

はじめに

普段VSCodeでテキストファイルやプログラムを読み書きしています。
VSCode内のターミナルを使ったり、Macだと標準で装備されているターミナルやiTermを使って色々と作業すると思います。
ターミナルでファイルの中身を確認する、編集する場合にそれぞれ使っているエディタがあると思います。

vi、vim、nano、pico、emacs・・・

しかしそのファイルをVSCodeで開いて確認したい!

その方法を調べて設定しました。

パスを確認

まずはターミナルからVSCodeが呼び出せるか確認します。

which code

私の環境では
「code not found」
が表示されました。

パスを通すために、VSCodeを開きましょう

  1. 上部メニューから「表示」→「コマンドパレット」を選択する
  2. 「shell command」を入力する
  3. 「シェルコマンド:PATH内に'code'コマンドをインストールします」が表示されるのでクリックする

  1. 「シェルコマンド'code'がPATHに正常にインストールされました」が表示される
    以上です。
    それではターミナルに戻りましょう。
which code
>/usr/local/bin/code

上記のようにPATHが表示されればOKです。

ファイルを開く

ターミナルからVSCode上でファイルを開く場合は

code <file name>

これだけです。

ちなみにディレクトリを指定すると、VSCode上でメニュー「フォルダーを開く」と同様の動きとなります。

以上です。

Discussion

ログインするとコメントできます