⌨️

高速タイピングにつながるUSキーボードの設定方法【Mac】

2022/10/23に公開約1,100字

この記事の対象者

  • JISキーボードからUS(米国)キーボードに移行を考えている方やUSキーボードを使い始めて設定方法に困っている方向けです。
  • Macを利用した想定をしています。

背景

元々USキーボードには、JISキーボードについている英かなキーがついていますが、英字にはついていません。そのため、ローマ字とかな文字の変換はどうすれば良いの?が解決できます。また、高速タイピングにつながる便利なキー設定も記載しています。

英字とかな文字の変換方法

キーカスタマイズアプリである「Karabiner-Elements」を利用します。

設定方法

下記からインストールし、
https://karabiner-elements.pqrs.org/

「Complex Modifications」から「Add rule」をクリック。次に、For Japanese(日本語環境向けの設定)の欄から「コマンドキーを単体で押したときに英数・かなキーを送信する」の「Enable」をクリックします。

以下のように表示されていれば、設定が反映されています。

操作方法

左右のコマンドキーを押すことで変換できます。

  • 左コマンドキー -> 英字
  • 右コマンドキー -> 日本語

矢印キーを別なキーから入力する方法

矢印キーを別なキーに設定することができます。これにより、キーボードから手を離すことなく矢印キーを入力することができます。

実際に使ってみてかなり良かった設定です。万人が良いと思うものではありませんが、使いこなせれば今までより操作速度は上がると断言できます。

先ほどのKarabiner-Elementsを利用します。
「Add rule」から「Change right_command+hjkl to arrow keys」を「Enable」しましょう。

操作方法

コマンドキー + jkklのどれかを入力することで矢印キーになります

  • コマンドキー + h -> 左
  • コマンドキー + j -> 下
  • コマンドキー + k -> 上
  • コマンドキー + l -> 右

Discussion

ログインするとコメントできます